講師の質が高いオンライン英会話5社を比較ランキング!質の高いサービスの共通点も

講師の質が高いオンライン英会話スクール

オンライン英会話を選ぶ基準はいろいろありますが、その中でも特に重要となるのが講師の質です。

どれだけ教材が優秀であっても、講師の質が低く教え方が下手だと上達はできないからです。

講師の質は採用基準や採用後のトレーニングで決まりますので、採用基準が甘かったり適切な教育をしていないオンライン英会話は講師の質が低いです。

そこで、今回はTOEIC970点の筆者の体験や口コミを元に、講師の質が高いオンライン英会話をランキング形式で紹介するのでスクール選びの参考にしてください。

この記事で分かること

講師の質が高いオンライン英会話スクール厳選5社

講師の質が高いオンライン英会話の共通点

質の高い講師の見分け方

講師の質が高いオンライン英会話5社を比較ランキング!

1位:DMM英会話(講師の採用率5%)

オンライン英会話_講師_質_DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
講師 ネイティブを含む外国人講師/日本人講師
プランと料金

・スタンダードプラン
毎日1レッスン(25分) 6,480円(税込) ※1レッスン209円
毎日2レッスン(1日計50分)10,780円(税込)※1レッスン174円
毎日3レッスン(1日計75分)15,180円(税込)※1レッスン163円

・プラスネイティブプラン
毎日1レッスン(25分) 15,800円(税込)※1レッスン510円
毎日2レッスン(1日計50分) 31,200円(税込)※1レッスン503円
毎日3レッスン(1日計75分) 45,100円(税込)※1レッスン485円
※月額料金以外の費用はいっさいかかりません

レッスン時間単位 25分(50分、75分コースも1コマずつ受講可能)
教材について ・10,583以上の多彩な教材を無料提供
・日常会話やビジネス英語、英検対策まで幅広い教材を完備
・スピーキングに特化した教材も利用可能
無料体験レッスン あり(スタンダードプラン25分のレッスンを2回まで受講可能)

DMM英会話は世界各国で講師の採用を行なっていますが、採用率はわずか5%となっています。

ここまで採用率が低い理由は、豊富な講師経験や各国の難関大学の現役生、卒業生といった厳しい採用基準や、80項目に及ぶ最終評価をクリアする必要があるからです。

つまり、DMM英会話の講師は厳しい採用基準や評価をすべてクリアしているので質の高いレッスンを提供できるのです。

また、すべての講師がティーチングのプロによる厳しいトレーニングやPC操作のトラブル対策ができるようオペレーショントレーニングを受けています。

トレーニング後は、日本人スタッフによるデモレッスンやフィードバックを繰り返し行ない、生徒に合わせたレッスンの進め方を習得しているので、英会話初心者でも分かりやすいレッスンが受けられます。

DMM英会話は、採用してすぐにレッスンデビューということはせず、講師としてのスキルを積んでからレッスンを受け持つシステムなので、どの講師を選んでも目的やレベルに合わせた的確なレッスンを受講できるのです。

DMM英会話では無料体験レッスンを2回受けられるので、ぜひ自分の目で耳で講師の質の高さを実感してみてください。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

2位:レアジョブ英会話(講師の採用率1%)

オンライン英会話_講師_質_レアジョブ英会話

サービス名 レアジョブ英会話
URL https://www.rarejob.com/
講師 フィリピン人講師/日本人講師
プランと料金 ・日常英会話コース
月8回レッスン 4,620円(税込)/月※1レッスン578円
毎日25分レッスン 6,380円(税込)/月※1レッスン206円
毎日50分レッスン 10,670円(税込)/月※1レッスン172円
毎日100分レッスン 17,600円(税込)/月※1レッスン142円
・ビジネス英会話コース
毎日1レッスン 10,780円(税込)/月※1レッスン348円
レッスン時間単位 25分
教材について 学習目的やレベルに合った教材を自由に選択可能。
(分からない場合はカウンセラーのアドバイスもあり)
無料体験レッスン あり(無料会員登録後2回体験可能)

レアジョブ英会話はフィリピン人講師を採用しており、採用率はわずか1%という狭き門となっています。

講師は英語力や指導スキルが優れていることはもちろん、レッスンが途切れない通信環境が整っていることも採用基準としています。

これは、オンライン英会話に多い「通信環境が不安定でレッスンが受けられない」というトラブルを採用段階で解決するためです。

通信環境が日本よりも良くないフィリピンでは厳しい採用条件ですが、この条件をクリアした講師を採用することで、ストレスのない高品質なレッスンを提供できるのです。

また、採用後にはレッスンの進め方や日本文化の知識など生徒とスムーズにコミュニケーションが取れるようにティーチングトレーニングを行なっています。

英語を習得の教授法であるTESOLの修了者や英語習得の専門家がトレーニングを監修しており、そのトレーニングをすべての講師が受講しているので、どの講師を選んでもレッスンの当たり外れがありません。

さらに、レアジョブ英会話ではレッスン品質の高い講師を「Good Tutor Award」で表彰したり、逆にレッスンが低品質な講師はレッスン提供を一時停止するなど、品質改善トレーニングを定期的に行なっているので、常に質の高いレッスンを受けることが可能です。

公式サイト:https://www.rarejob.com/

3位:TORAIZ

オンライン英会話_講師_質_TORAIZ

サービス名 TORAIZ(トライズ)
URL https://toraiz.jp/
講師 ネイティブ外国人講師・日本人専属コンサルタント
プランと料金 ・英語コーチング本科
受講料1,513,000円(税込)※12ヵ月一括
分割払い 58,100円(税込)~

・大人のやり直し英語
2ヵ月コース:受講料 430,100円(税込)
        分割払い 10,400円(税込)~
3ヵ月コース:受講料 515,900円(税込)
        分割払い 12,500円(税込)~
6ヵ月コース:受講料 773,300円(税込)
        分割払い 18,800円(税込)~

・英検®集中対策プログラム
受講料230,000円(税込)※2ヵ月分

※別途、入会金50,000円がかかります
※修了生限定で継続コースもあり

レッスン時間単位 25分
教材について 市販の教材を目標やレベルに合わせてチョイスし購入
無料体験レッスン なし(無料カウンセリングあり)

TORAIZは、1年で1,000時間の英語学習で英語が話せるようになる英語習得サービスです。

ネイティブ講師によるレッスンの提供に加えて、専属のコンサルタントや英語コーチングの専門家による学習サポートも行なっています。

自分が必要とする英語学習のゴールを決めて、ゴールに向けた学習プランを構築してくれるので、1年で「本当に伝わる英語」を身につけることを可能にしています。

講師は外国人ですが専属コンサルタントは日本人ですので、英語に不安がある方でも安心してレッスンを受けることが可能です。

また、日本人コンサルタントも帰国子女でなく、自分で努力をして英語を身につけた人しか採用していないので、生徒目線できめ細やかなサポートが受けられます。

一般的なコーチングサービスと違い、オンライン・プライベートレッスンやグループレッスンなど、実践的なアウトプットができるのもTORAIZの魅力です。

受講料は高額ですが、英会話レッスンを受けられるだけでなく、目標達成に必要な学習スケジュールをすべて組んでもらえるので、期間を決めて集中的に「英語を話せるようになるための学習をしたい」という方におすすめです。

公式サイト:https://toraiz.jp/lp/online/

4位:e英会話

オンライン英会話_講師_質_e英会話

サービス名 e英会話
URL https://eeikaiwa.com
講師 フィリピン・セブ島在住の外国人講師
プランと料金 ・月4回プラン 月額4,900円(税込)※1レッスン1,225円
 1回30分×月4回のマンツーマンレッスン受講

・月8回プラン 月額7,000円(税込)※1レッスン875円
 1回30分×月8回のマンツーマンレッスン受講

・月15回プラン 月額10,000円(税込)※1レッスン667円
 1回30分×月15回のマンツーマンレッスン受講

・月30回プラン 月額16,100円(税込)※1レッスン537円
 1回30分×月30回のマンツーマンレッスン受講

・月60回プラン 月額20,200円(税込)※1レッスン337円
 1回30分×月60回のマンツーマンレッスン受講

※すべてオリジナルテキスト代込み

・予約制限付き毎日プラン
 毎日1コマ(30分)プラン 6,700円(税込)※1レッスン223円
 毎日2コマ(60分)プラン 12,300円(税込)※1レッスン205円

※月額料金以外の費用はいっさいかかりません

レッスン時間単位 30分
教材について ・オリジナルのテキスト使用
無料体験レッスン あり(1人1回まで30分)
※新規もしくは退会後1年以上経過していて再入会を検討している方のみ

e英会話の講師は、すべてセブ島在住のフィリピン人講師です。

フィリピン人講師だと質に不安がある、という方もいるかもしれませんが、e英会話では書類選考と英語力の試験(2次選考)、現地マネージャー面接(3次選考)、日本人マネージャー面接(最終選考)という4つの厳しい選考をクリアした優秀な講師しか採用していません。

採用後の2週間の集中トレーニングでは進捗度確認テストを繰り返し行い、デモレッスンの質が高いと認められた人だけがe英会話の講師になれるシステムなので、ネイティブ講師と遜色のない良質なレッスンが受けられます。

またe英会話では正式採用をした後でも、レッスンの質を向上するために毎日4時間のカリキュラムを行なったり、定期的なテストを実施して講師の質の維持を図っています。

フィリピン人講師は、明るくフレンドリーなので、質が高いのはもちろん楽しくレッスンを受けたいという方におすすめです。

公式サイト:https://eeikaiwa.com/

5位:InterGrowth

サービス名 InterGrowth(インターグロース)
URL https://intergrowth-english.jp/
講師 ネイティブコーチ・日本人の専属コンサルタント
プランと料金 ・2ヵ月プラン
433,400円(税込)※2ヵ月分
分割払い 10,500円(税込)~/月
※別途、入会金50,000円(税込)がかかります
※サービスに満足できなかった場合は受講開始1ヵ月まで全額返金可能
レッスン時間単位 生徒のライフスタイルに合わせたカリキュラムデザイン
教材について 市販の英語学習書籍を使用(最適な書籍をコンサルタントがピックアップ)
無料体験レッスン なし(無料カウンセリングあり)

InterGrowthは、英語力を伸ばすために必要な自学自習を、専属コンサルタントが2名1チームでコーチングを行なう英語学習コーチングスクールです。

第二言語学習理論や英語学習の科学に基づいた学習方法を土台に、専門のコンサルタントが目的に合わせてカリキュラムを提案・実行してくれるので、挫折することなく学習目標を達成できるのがInterGrowthの特徴です。

専属コンサルタントは、英語教授資格やビジネス実務経験、コンサルタントとしてのスキルを重視した採用基準をクリアしているので、的確かつ効率の良い学習コーチングを受けることができます。

また、「カリキュラムを組んだら終わり」ではなく、学習の進捗チェックや日々の学習相談、アドバイスなどのサポートもしてもらえます。

オンライン・グループレッスンは受け放題となっており、カリキュラムでインプットした知識をしっかりアウトプットできるので集中的に英語力を上げることも可能です。

InterGrowthのカリキュラムは2ヵ月の短期集中型ですが、サポート終了後もカリキュラムは自分で実践できるので、正しい学習習慣を身につけたいという方におすすめです。

講師の質が高いオンライン英会話の共通点・ポイント

実は講師の質が高いオンライン英会話には共通点やポイントがあるので、スクール選びに失敗しないよう共通点をチェックしておきましょう。

採用試験が厳しく、採用率が低い

採用試験が厳しく、採用率が低いオンライン英会話は講師の質が高いです。

スクールによって採用試験や採用基準は異なりますが、質の高い講師が在籍しているオンライン英会話では以下のような採用基準を設けているところがあります。

  • TOEICスコア800点以上
  • 英語学習の指導スキルを持っている(英語講師の経験がある)
  • 海外経験1年以上
  • 英語を使ったビジネス経験がある

上記の採用基準をクリアするのは簡単なことではないので、当然ですが採用率は低くなってしまいます。

そのため、運営側は選考に苦労をするのですが、講師の質が高ければ良質なレッスンを提供できるので、生徒の満足度が高くなり結果的にスクールの評価もアップします。

厳しい採用基準を設けているオンライン英会話はしっかり「量より質」を重視しているので、大半の講師のレッスンを安心して受講できるのです。

採用後も講師の教育がしっかりしている

採用後も社内でしっかり講師の教育をしているオンライン英会話は、講師の質が安定しています。

残念ながら、どんなに優秀な講師であっても長年講師を続けることでだらけてしまったり、レッスンが適当になってしまったりしまうことがあります。

たとえば、小中学校でも上からの管理が行き届いていない学校には、評判の悪い先生がいると思います。

これと同じで、オンライン英会話を運営している会社が適切に管理をしていないと、採用時は優秀だった講師の質も自然と下がってしまうのです。

そのため、定期的にティーチングトレーニングを行なったり、生徒の口コミをチェックして講師にフィードバックしたり、レッスンデータに基づきレッスン方法を指導するなどの人材管理を行なっている会社の講師は、質の高さをしっかり維持できています。

例えばDMM英会話は一定期間レッスンをしていない講師はアカウントを停止するなど、採用後は放置するようなことはしていません。

講師の管理に関しては、公式サイトに記載しているオンライン英会話もあるので気になったら確認しておくといいでしょう。

講師がTESOLなどの資格を保有してる

講師がTESOL(Teaching English to Speakers of Other Language)などの資格を保有しているオンライン英会話は、間違いなく講師の質が高いと言えます。

TESOLというのは、英語を第二言語として学ぶ人に対する英語教授法です。

簡単にいうと、英語が母国語でない人に対して英語を教える方法を習得するコースで、大学院に設けられているTESOLコースであれば博士号や修士号を取得できます。

つまり、この教授法を習得している講師は英語を教えるプロということです。

TESOLを取得している講師は以下のようなスキルを持っています。

  • 高い英語力を持っている
  • 英語の指導法に関して体系的な教育を受けている
  • リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングを正しく指導できる

このように、英語を教える講師に必要なスキルを持っているので、「TESOLを取得している」という採用基準を設けているオンライン英会話では高品質のレッスンが受けられます。

正社員で雇用されている

「講師を正社員雇用している」というのも、講師の質が高いオンライン英会話の共通点です。

オンライン英会話の講師の雇用形態は正社員とアルバイトの2種類に分けられますが、人件費を抑えるためにアルバイトで採用するのが一般的です。

もちろん、アルバイト=講師の質が低いとは限りませんが、「バイト感覚」という言葉があるように、アルバイト採用では生徒の学習効果に対する責任感が希薄な講師がいるのも事実です。

一方、正社員で雇用されている講師は福利厚生などの待遇を受けられたり、レッスン対応の評価によっては昇給があったりするので、質の高いレッスンを提供してくれます。

また、オンライン英会話の中には、正社員講師の質を安定させるために合同研修やスキルアップトレーニングを行なっているところもあります。

正社員として雇用されている講師は、学習効果への責任感や指導するモチベーションをしっかり維持できる環境が整っているので、スクール選びの際には雇用形態もチェックしておくといいでしょう。

自宅じゃなくオフィスで勤務している

講師が、自宅ではなくオフィスで勤務しているオンライン英会話は、きちんとしたレッスンが受けられます。

自宅でレッスンを行なう講師の場合、レッスン状況を第三者がチェックできない環境なので、やる気が感じられない人や仕事のオンオフの切り替えができていない人がいます。

もちろん、真面目にレッスンを提供してくれる講師もいますが、残念ながら一定の割合で適当なレッスンを行なう人がいるのも事実です。

一方オフィス勤務であれば、事務局がレッスン状況をチェックするので、講師も真面目にレッスンをします。

問題がある場合は指導方法のアドバイスやトレーニングも行なうので、講師がオフィス勤務のオンライン英会話は質の高さを維持できるのです。

オンライン英会話の講師の質まとめ

オンライン英会話は、高額な入会金を払う必要もなく外国人講師のレッスンを受けられる手軽な英語学習方法です。

しかし、いくら手軽でも講師の質が低ければ、思うような学習効果は得られません。

逆に講師の質が高いオンライン英会話を選べば、いつでも好きなときに高品質なレッスンが受けられるので、効率よく英語を習得することができます。

講師次第で学習効果は大きく変わるので、ここでご紹介したオンライン英会話の無料体験レッスンを積極的に受けてみることをおすすめします。

実際にレッスンを受けておけば、入会後に「講師のクオリティが低かった」という失敗も防げるでしょう。