DMM英会話の教材は使える?初心者におすすめの教材は会話!

楽しく会話する女性

この記事では、人気のオンライン英会話・DMM英会話の教材について解説していきます。また、合わせて初心者に特に人気かつおすすめの教材「会話(Conversation)」の特徴や内容を紹介していきます。

DMM英会話には8,800種もの教材が用意されており、全体的に質は高いです。そのため、積極的に利用をしていきましょう。

DMM英会話の教材は使える?

結論から言うと、DMM英会話の教材は使えるものが大半です。

中でもDMM英会話を初めて利用する方、英会話初心者におすすめの教材は「会話」となっています。

参考:簡単!初回2レッスンが無料!DMM英会話

そんなDMM英会話の会話教材の解説に入る前に、教材の数や種類について紹介していきます。

「会話」教材の解説を読みたい方はDMM英会話「会話」教材(ページ内リンク)まで飛ばしてください。

教材数は業界でトップクラス

DMM英会話教材・テキスト

DMM英会話には10,000を超える教材があり、課金等は一切せず全ての教材を利用できます。

筆者がTOEIC970点に到達する際にボロボロになるまで読み倒した、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」(1冊1,980円)のような有料教材も無料で使えます。

単純計算で10,000冊の有料教材の内、月に3~4冊、書店に流通している有料教材を使えば、それだけで月額料金の元が取れてしまうと考えるとDMM英会話のヤバさが分かると思います。

もちろんこの10,000冊という数は他のオンライン英会話スクールと比較しても群を抜いています↓

主要スクールの教材数

  • DMM英会話・・・10,000種類以上
  • レアジョブ英会話・・・4,000種類
  • ネイティブキャンプ・・・1,500種類

教材数が多ければいいわけではありませんが、多いほうが優秀な教材、自分に合った教材も多いです。また、様々な分野の教材から満遍なく学んだ方が語彙や英語スキルも広がるため、この教材数は利点になりますね。

この記事では「会話」教材に絞って解説していますが、その他の有用なテキストも別記事で解説していますので良ければ参考にいてください。

教材は全て無料

先程軽く触れましたが、DMM英会話の教材は全て無料です。書店で数千円するビジネス用のテキストから、1,000円くらいの旅行用のテキストまですべて無料で活用できます。

会員登録しなくても見れる教材もあるので、この時点で破格のサービスと言えるでしょう。

DMM英会話テキスト例

参考:DMM英会話

ただし、書店に流通している「出版社教材」という書籍のテキストについては、授業を予約するまで閲覧できないことです。

実際に販売されている本=著者に権利があるので無料で見れないのは当然といえば当然ですね。一方でDMM英会話が作成した「オリジナルテキスト」は24時間いつでも閲覧できます。

プランによりますがDMM英会話の料金は6,480円(キャンペーン時は3,240円)~なので、出版社教材を3~4冊読むだけで元が取れます。そこに講師のレッスンもついてくるので、誰が考えても破格です。

そのほかにもTOEICTOEFL英検などの試験用テキストも利用できます。教材選びには困らないほどの豊富なラインナップです。

自分のほしい教材を簡単に検索できる

DMM英会話教材選択

DMM英会話の教材は数が膨大ですが、検索もしやすくなっています

「レベル」・「目的」・「その他の条件」でフィルターをかけることができ、フリーワードでも検索できるので自分が使いたい教材を簡単に見つけることができるでしょう。

またそれぞれの教材の目次に「1〜10」でレベルの表示がされているので、一目で自分に合うテキストかを判断できます。

DMM英会話発音教材・レベル表示

こうした探しやすさ見やすさを考慮して作成されているのもDMM英会話教材の特徴です。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

DMM英会話の教材のダウンロード方法について

DMM英会話の教材ダウンロード例

DMM英会話の教材の中にはPDF形式になっているものもあり、PDFになっている教材はダウンロードが可能です。

PDF形式になっていない教材もブラウザから右クリックでダウンロードは可能です。

ダウンロードをするとレッスンの時以外でも教材を確認できるようになるので、筆者はよく活用していました。

ただ教材のレベルが上がるとPDF形式でなくなることが多いです。上級者はオンライン上の教材を見ながら授業を進めていくことになります。

初心者におすすめのDMM英会話の教材は会話!

DMM英会話・会話テキスト見出し

ここから「会話」のテキストの解説に入ります。

「会話すること」に焦点を当てたテキストになっているので、とにかく会話の練習をしたい人に最適のテキストです。

レベル表示は「1〜7(初級〜上級まで対応)」となっており、全部で205種のテキストがあります。

その内訳は、「Getting Started はじめの一歩」、「Now You're Talking! 英語を話そう」そして「Talking With Confidence 自信を持って話そう」です。

DMM英会話・会話教材のリスト

Nice to meet you等、かなり基本的な挨拶・自己紹介レベルの教材から、現地で外国人と楽しく会話できるレベルの教材まであり、レベルに応じて学習することができます。

今回は「日常会話(初級)」のレベル3・レッスン1の自己紹介・出身と今住んでいるところ / Birthplaces and Residences」を例に挙げて見ていきます。

参考:https://eikaiwa.dmm.com/app/materials/conversation/4g-usmSuEeirTddASFJXxg

会話テキスト解説・Exercise 1 Vocabulary(語彙)

DMM英会話の教材「会話」の例

「会話」テキストの流れを大まかに説明すると、単語を学ぶ」→「フレーズを学ぶ」→「実際に使ってみるという感じです。

最初のセクションは「Vocabulary(語彙)」です。

DMM英会話の教材「会話」のボキャブラリー

今回のテーマで使われる主要単語単語その例文が掲載されています。

また発音ボタンを押せば、音声で単語の発音を聞くこともできます。

DMM英会話の教材「会話」の発音

また例文については最低1単語につき1例文が掲載されています。また複数の例文がある場合には をクリックすると追加の例文が表示されます。

DMM英会話の教材「会話」の例文

実際に授業内では、講師の後に続いて単語と例文を音読していきます。

この際に講師から、発音や使い方についてコメントがありますので、直しつつ先に進めていきます。

会話テキスト解説・Exercise 2 Useful Expressions(便利な表現)

DMM英会話の教材「会話」の便利な表現

2つめのセクション「便利な表現」では、会話で用いられる主要な表現を確認します。

ここで出てくる表現は、この後の会話で使える表現になっているので、サッと口から出てくる様に練習しておくとベストです。

会話テキスト解説・Exercise 3 Dialogue Practice(会話の練習)

DMM英会話の教材「会話」の会話例

ここではExercise1・2で学んだ「語彙」や「便利な表現」が、実際に会話の中でどう使われるのかを確認します。

またここで講師とロールプレイをすることが多いです。たとえば「あなたがMatt、私がGrace役で練習してみましょう」みたいな感じです。

会話テキスト解説・Exercise 4 Listening Comprehension(リスニング理解)

DMM英会話の教材「会話」のリスニング

次にリスニング力を練習するセクションです。ここでは講師がテキストを読み、その内容をもとに質問に回答していきます。

もしわからなくても大丈夫です。”I couldn’t catch that.”などと言えば講師はヒントをくれるか、もう一度文を読んでくれます。

上達のために間違いは必須ですので、恐れずにいきましょう。

会話テキスト解説・Exercise 5 Discussion(ディスカッション)

DMM英会話の教材「会話」のディスカッション

最後のセクションは「ディスカッション」です。これまで学習したことを振り返りながら自分自身のことを話します。

講師から質問されるので、それに沿ってできる限り話を膨らませてみてくださいね。

ここまでで「会話」の1レッスン分の教材が終了です。時間が余ったら講師からその他の質問をされたり、内容についてのコメントをもらえます。

英語が出てくるかどうか不安な人へ

「講師の質問に答えられるか不安・・・」という人も多いはず。ですがご安心を。講師も「教えるプロ」なので、助け舟を出してくれます。

それに講師も会話に慣れているので、会話が膨らみやすいです。初心者でも緊張せずに話せる環境ですよ。

DMM英会話の教材の予習・復習について

DMM英会話レッスンノート

DMM英会話のレッスンは予習・復習が必須ではありません。従って授業時間の25分間さえ確保すればサクッと授業を受けられます。

ですが予習・復習するに越したことはないです。毎回の授業内容を吸収力が違うはずです。

予習・復習については個人ごとにやり方が異なると思いますが、授業前にテキストを眺めて、知らない単語や熟語をあらかじめ調べておくと効率的に授業が進みます。

授業後も、知らなかった・間違った点を重点的に復習した方が定着は早いはずです。レッスンノート等も上手に生かしながら復習していきましょう。

DMM英会話教材の解説まとめ

今回はDMM英会話の教材について紹介しつつ、中でも初心者におすすめの会話教材を「自己紹介・出身と今住んでいるところ / Birthplaces and Residences」を例に挙げて解説しました。会話をガンガン鍛えたいあなたにオススメです。

最近DMM英会話を始めた、あるいはこれから始めようと思っている方はどうせなら楽しく英会話を勉強したいはずです。

DMM英会話はその点でかなり優秀で、サイトのデザインや教材の中身のおかげで「勉強感」がかなり少ないです。勉強が嫌い、過去に英会話に挫折した経験がある方には最適かもしれません。

実際、筆者自身もTOEICで300点代、英語はまったく喋れないという状態でDMM英会話(あとレアジョブ英会話)を始めた結果、TOEIC970点かつ海外生活でも支障のないレベルの英語を身につけることができました。

DMM英会話は初回の2レッスンを無料で受けられるキャンペーンをしているだけでなく、他社のように体験レッスンの終了後に自動に課金されることもありません。

オンライン英会話に興味があって、まだ利用していないならまずは無料体験をしてみることをおすすめします。

無料で2レッスンが受けれるDMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/kids/

レアジョブ英会話もおすすめ

筆者は色々とオンライン英会話を試しましたが、結局長続きしたのはこのDMM英会話と、レアジョブ英会話というサービスでした。

(※レアジョブ英会話とは、DMM英会話よりハイレベルなレッスンが受けられる代わりに料金が少し高いオンライン英会話)

レアジョブ英会話も教材は豊富かつ無料体験をしているので、両方で無料レッスンを試して比較検討をした上で自分に合った方に課金してみても良いかもしれません。

無料で2レッスンが受けれるレアジョブ英会話:https://www.rarejob.com/