DMM英会話・講師の選び方はこれだけ!良い講師を取り続ける方法

ホワイトボードの前に立つ男性講師

今回は、DMM英会話で良い講師を取る方法についてです。

DMM英会話には6,500人もの講師がいまして、授業ごとに講師を選択していくことになりますが・・・

講師は授業内容を左右する大切な要素。ちゃんと選ぶことでレッスンの質が上がります。

せっかくやるなら満足できる授業を受けたいですよね。今回はそんな皆さんのために良い講師の探し方もご紹介します。

講師の選び方

DMM英会話のサイトメニュー一覧から「予約・講師選択」を選ぶと、講師の予約画面に移ります。「予約できる講師」「すべての講師」のタブがありますが、予約をする時は前者を選びます。

ここで日付や時間、講師の国籍等を選んで「絞り込み検索」をすると条件に合った講師が表示されます。

またここで講師の特徴も選択することができます。例えば自信のない人は「初心者向け」を選択することで、初心者に教えるのが上手な講師が表示されます。

DMM英会話・初心者向け講師

講師は「講師歴3年以上」で絞る

では実際に、どんな条件を設定すればいいでしょうか?今までの経験をもとにすると、「講師歴3年以上」で絞ると、良い講師に当たることが多いです。

DMM英会話の講師歴

DMM英会話には幅広い年齢層の講師が在籍しています。従って、毎回違う刺激を受けながらレッスンを楽しめる一方、質の低い講師がいることも事実です。

例えば単なるバイト感覚の大学生講師もたくさんいます。その中にも良い講師はたくさんいますが、ダメな講師がいることは事実です。

そうした点でも、「講師歴3年以上」で絞ると良い講師に当たる確率を上げられます。

「フリーワード」も活用する

講師を絞る時、フリーワードでも検索できます。

入力するキーワードは本当に自由なので、完全に趣味のものもオッケー。たとえば、「Harry Potter」で検索すると300人以上がヒットしました。

DMM英会話の講師を「harry potter」で検索した結果

この機能を使って、自分と話が合う講師を選ぶのも面白いです。しかも話が合えば、英語に対する不安も払拭できるので、初心者のあなたでも安心です。

ちなみに、検索ワードは英語で入力した方がヒットしやすいです。プロフィールを英語で入力している講師が多いですからね。

良い講師の判断基準

良さそうな講師を見つけても、相手は実際に話したことがない相手。正直不安ですよね。
従って、講師の良し悪しの判断方法も紹介しておきます。

「ユーザー評価」をチェックする

「ユーザーの評価」とは、レッスン後、生徒から講師への評価です。これが5つ星で表示されるので、講師がどんな評価を受けているかチェックすることができます。

DMM英会話講師の評価(星5つ)

また生徒は講師にコメントを残すこともできます↓

DMM英会話・生徒からの悪い評価

従って、生徒からの「リアルな声」が反映されているため、かなり信用できる数値になっています。

良い講師の目安は「4.8以上」

僕の感覚としては、「ユーザーの評価4.8以上」で選べば、講師選びで失敗しません。

もちろん、生徒と講師の相性もありますが、「評価が高い=誰にでもマッチしている」という証拠にもなります。

DMM英会話講師の評価

逆に4.8を下回ると、講師に何かしらの欠点があることが多いです。

始めたばかりの講師だと評価が安定していませんが、評価総数100を超えているのに星4.8を下回る場合は、ちょっと心配といえます。

補足:なぜ「ユーザーの評価4.8以上」が基準?

「ユーザーの評価4.8以上」は、生徒からの評価が・・・

星5つ(最高!)・・・8割
星4つ(良い!)・・・2割

という感じです。つまり、100人の生徒の80人が最高評価、20人が良い評価をしていることになります。つまり、それだけ評判が良い講師ということ。数値にすると、星4.8以上の講師のすごさがわかります。

「お気に入り」の登録件数も参考にする

DMM英会話では、生徒が特定の講師を「お気に入り」に登録でき、「お気に入り講師一覧」に登録できます。

講師のお気に入り登録ボタン

「お気に入り」は生徒からの人気を表しています

生徒からのお気に入り総数が表示されるため、どれだけ人気があるかを示す指標になるんです。

たくさんのお気に入り登録があるほど、生徒から気に入られていることになりますからね。

お気に入り講師一覧

一方で、お気に入りだけで判断するのはおすすめしません。

なぜなら、講師歴が長いほどお気に入り件数は多くなりがちなので、「質は微妙だけど、講師歴だけ長い」という可能性があるからです。

従って、優先すべきはすでに紹介した「ユーザーの評価(星5つ評価)」です。

講師の「お気に入り機能」について詳しくはDMM英会話の「お気に入り」解説も参考にしてください。

講師歴もある程度は気にする

冒頭でも触れましたが、「講師歴」も講師選びの時に参考になります。

とくに3年以上の経験がある講師には、プロフィール画面にも「講師歴3年以上」というタグがつくので、ベテラン講師は一目瞭然です。

DMM英会話の講師歴

一方で、講師歴は全てじゃない

DMM英会話の講師は、基本的に「学校の先生」というより、「英語の勉強を助けてくれる友達」という感じです。

従って、「講師」よりも気軽に話せて、かつ英語を直してもらえるのが魅力。そのため、講師としての経歴も考慮しながら、自分に合う講師を見つけることも大切です。

補足:TESOL・ESLを参考にすべき?

TESOL、ESL、ELTとは、簡単に言うと、英語を「教えるための」資格のことです。講師のプロフィール画面でもこの有無を確認できます。

こちらもすでに紹介したように、フリーワードの検索窓から検索できます。

DMM英会話のTESOL講師検索画面

ですが、こうした資格の有無は参考程度にしておきましょう。

例えば同じ「TESOL」でも、取得までの道のりが異なります。

大学でしっかり学んでから取得する場合から、オンラインだけでサクッと取得する場合まで様々なんです。

従って、「TESOL保有」といういうだけで、質が良いとは限らないので、資格関連は参考程度に。あくまでも他の生徒からの評価の方が明確ですし、リアルな判断基準です。

結論:「ユーザー評価」+αで良い講師・レッスンを

今回は、DMM英会話の良い講師の取り方について紹介しましたが、特に「ユーザーの評価(5つ星評価)」を気にして予約すれば、初心者でも安心の素晴らしい講師に出会えます。

繰り返しますが、英語力に自信がないあなたは、「初心者向け」の条件で講師を探せるので、不安はかなり払拭できます。

少なくともこの記事を読んでいるあなたは、英会話力を伸ばしたいと思っているいるはず。僕がしたように、DMM英会話なら初心者でも英会話に飛び込みやすい環境が整っています。

今なら2レッスンが無料で受講できます。しかも最初は日本人講師から始められるので、本気で英語力に自身がない人でもリラックスして授業を受けられますよ。DMM英会話・無料体験ページからどうぞ。