講師の国籍で選ぶオンライン英会話おすすめランキング!国籍数は重要?

講師の国籍でオンライン英会話を比較

オンライン英会話には様々な国籍の講師がいます。最も代表的なのはフィリピン人ですが、アメリカやイギリスなどのネイティブ講師や日本人講師が在籍しているサービスもたくさんあります。

講師の国籍によって人柄や特徴が異なるので、オンライン英会話を選ぶ際は「どの国の講師が自分に合っているか」も選考基準に入れておくのがベストです。

そこでオンライン英会話における各国籍の講師の特徴や、国籍別におすすめオンライン英会話をご紹介していきます。

この記事を読むとわかること

オンライン英会話における各国籍の講師の特徴

国籍別のおすすめオンライン英会話

オンライン英会話における各国籍の講師の特徴

オンライン英会話の講師は大きく分けてフィリピン人講師、アメリカ人講師、その他ネイティブ講師、日本人講師の4タイプに分けられます。

各国籍の講師の特徴をチェックしておきましょう。

各国籍の講師の特徴
国籍 特徴 メリット デメリット
フィリピン人講師 ・明るくフレンドリーな人が多い
・楽しいレッスンを提供してくれる
・日本人と同じく英語を第二言語として学んでいる
・英語を学ぶ人の気持ちが分かるので、学習の説明が分かりやすい
・英語が母国語でない
・訛りが強い講師がいる
アメリカ人講師 ・フランクな講師が多い
・教材には書かれていないスラングやネイティブならではの言い回しを教えてくれる
・アメリカ英語の発音を学べる
・ネイティブスピードのリスニング力を身につけられる
・初心者の場合、話すスピードについていけない
・英語が聞き取れず理解できないことがある
その他のネイティブ講師 ・自分が行きたい国の講師からレッスンが受けられる
・いろいろな国の文化やライフスタイルなどを教えてもらえる
・発音のニュアンスや間違った文法をしっかり指摘してもらえる
・ネイティブスピーカーの発話を聞き取る実践的な練習ができる
・国籍によってアクセントや発音が違うので聞き取れないことがある
日本人講師 ・第二言語として英語を学んでいる
・講師自身の英語学習経験をもとにしたレッスンを受けられる
・日本語での質問や応答ができるので、正しく理解しながら学習できる
・正しい英語が発音できるよう、口や舌の動かし方を指導してもらえる
・日本語を中心の会話になりやすい
・英語上級者の場合は講師の方が英会話スキルが低いことがある

国籍ごとのメリットやデメリットを見ると、どの国の講師が自分の英語レベルに適しているか、目的とする学習効果が得られるかなどが分かります。

たとえば、初心者の方であれば日本語で質問しやすい日本人講師、ネイティブレベルの英語力を身につけたいのであればネイティブ講師というように、自分に合った国籍の講師を選ぶことで学習効率も変わります。

オンライン英会話を選ぶときは料金を優先しがちですが、国籍もきちんと踏まえて選ぶと学習効率がアップすることを覚えておきましょう。

講師の国籍で選ぶオンライン英会話おすすめランキング!

ここでは、講師の国籍で選ぶ、オンライン英会話おすすめランキングをご紹介します。

講師の国籍によってメリットやデメリットに違いがあることが分かっても、オンライン英会話はたくさんあるので、どこのスクールにすればいいか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

フィリピン人講師でおすすめのオンライン英会話ランキング

フィリピン人講師でおすすめのオンライン英会話は、レアジョブ英会話とDMM英会話です。

フィリピンはホスピタリティーのある国民性で、性格も明るく親しみやすい人が多いので、初心者の方でも緊張せずレッスンが受けられます。

また、英語力にも優れていて、ビジネス英語力の国際指標調査結果「Business English Index」(※)では世界第一位となっているので、レベルの高いレッスンを提供してくれます。

ただし、管理が行き届いていないスクールだとレッスンの質が低いこともあるため、採用後も講師の質を維持するシステムが整っているレアジョブ英会話やDMM英会話がおすすめです。

※Global English社 2013年 ビジネス英語指数
参考:https://visual.ly/community/Infographics/business/2013-business-english-index

1位:レアジョブ英会話

オンライン英会話_国籍_レアジョブ英会話

 

サービス名 レアジョブ英会話
URL https://www.rarejob.com/
主なプランの月額料金 日常英会話コース 毎日25分: 6,380円(税込)/月~
ビジネス英会話コース 毎日25分: 10,780円(税込)/月~
講師の国籍数や国名 2ヵ国
フィリピン、日本

国内シェア率No1、創業13年以上で実績も豊富なレアジョブ英会話は、初心者から上級者まで、英語レベルに合わせたカリキュラムを提供しているオンライン英会話です。

レアジョブ英会話には6,000人以上のフィリピン人講師が在籍しています。すべての講師が英語力や指導力、日本文化の知識などのトレーニングを修了しているので、どの講師を選んでも高品質のレッスンが受けられます。

採用後も、レッスン品質のモニタリングによるフィードバックや品質改善トレーニングの実施、レッスン品質向上のためのスキルアップの推奨など、講師の質を担保するための工夫を行なっているのでレッスンにブレがないのもレアジョブ英会話の魅力です。

人気No.1の日常英会話コース 毎日25分は、1レッスン206円というリーズナブルな価格で受講できるので、コストをかけずに英会話を学びたいという人におすすめです。

2位:DMM英会話

オンライン英会話_国籍_DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
主なプランの月額料金 スタンダードプラン: 6,480円(税込)/月~
プラスネイティブプラン: 15,800円(税込)/月~
※月額料金以外の費用はいっさいかかりません
講師の国籍数や国名 131ヵ国
アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパ、中南米など

131ヵ国の講師が在籍するDMM英会話は、フィリピンのマニラ、セブ、ダバオの3都市にオフィスを構えているので、現地で優秀なフィリピン人講師を採用できる環境が整っています。

また、拠点ごとに日本人とフィリピン人のスタッフを配置しているので、定期的な抜き打ち試験やデモティーチング、生徒からの声を即時にフィードバックするなどフォローアップシステムも充実しています。

このシステムにより、講師の質の高さを維持できるのもDMM英会話ならではの特徴です。

「フィリピンは設備やシステムの不具合が心配」という方もいるかもしれませんが、現地オフィスがあるDMM英会話であればスムーズなレッスンが受けられます。

アメリカ人講師でおすすめのオンライン英会話ランキング

アメリカ人講師でおすすめのオンライン英会話は、DMM英会話とネイティブキャンプです。

日本人訪問者数第1位(※)になったこともあるアメリカは、海外旅行で行ってみたい国でも常に上位となっている国なので、アメリカ人から英語を学びたいという方も多いでしょう。

アメリカ人講師はネイティブスピーカーですが、多民族国家なので、地域によっては訛りがある英語を話す人もいます。

イギリス英語とは異なるアメリカ特有の発音やイントネーションが確立されているので、アメリカ英語を学びたいという方はアメリカ人講師がいるオンライン英会話を選ぶのが正解です。

ただし、「アメリカ人講師しか在籍していない」というオンライン英会話はありません。そのため、ネイティブ講師の数や国籍数が少ないオンライン英会話を選んでしまうと、アメリカ人講師のレッスンが受けられないこともあります。

DMM英会話やネイティブキャンプは国籍数やネイティブ講師の在籍数も多いので、アメリカ人講師のレッスンを受けたい人におすすめです。

※参考:外務省 日本人が多く訪問している国・地域(2018年)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/kaigai.html

1位:DMM英会話

オンライン英会話_国籍_DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
主なプランの月額料金 スタンダードプラン: 6,480円(税込)/月~
プラスネイティブプラン: 15,800円(税込)/月~
※月額料金以外の費用はいっさいかかりません
講師の国籍数や国名 131ヵ国
アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパ、中南米など

DMM英会話には、フィリピン人講師だけでなく多数のアメリカ人講師も在籍しています。

時差があるためアメリカ人講師のレッスンが受けられるのは夕方から夜中になりますが、リアルタイムでアメリカの話題などを聞けるのでレッスンの楽しさも倍増します。

また、DMM英会話は10,596以上の無料レッスン教材を無料で使えます。

ビジネス英語やデイリーニュース、発音など使い放題なので、学習目的に合わせた教材はもちろん興味がある分野の教材を使ってアメリカ英語を学ぶことも可能です。

無料体験レッスンはフィリピン人講師となりますが、教材の充実度だけでも体験する価値があるので、ぜひ受講してみてください。

2位:ネイティブキャンプ

オンライン英会話_国籍_ネイティブキャンプ

サービス名 ネイティブキャンプ
URL https://nativecamp.net/
主なプランの月額料金 プレミアムプラン: 6,480円(税込)/月
ファミリープラン:1,980円(税込)/月
講師の国籍数や国名 120ヵ国以上
アメリカ、イギリス、フィリピン、セルビアなど

ネイティブキャンプは、名前の通りアメリカ人を始めとした多数のネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話です。

ネイティブキャンプでは月額を払えば1日に何回でもレッスンを受講できるシステムなので、根気次第では一気に英語力を伸ばすことができます。

そのため、アメリカ人講師のレッスンを受けたいけど、英語力に自信がないという方にぴったりのオンライン英会話です。

また、ノンネイティブ講師のレッスンを受けて自分の英語力に自信をつけてから、アメリカ人講師のレッスンを受けるという使い方もできます。

アメリカ人講師からネイティブの発音やニュアンスを効率よく学ぶことで、より高い英語スキルを身につけることができるでしょう。

まずは無料体験レッスンを受けてみることをおすすめします。

その他ネイティブ講師でおすすめのオンライン英会話ランキング

アメリカ人を除く、その他ネイティブ講師でおすすめのオンライン英会話もDMM英会話とネイティブキャンプになります。

ネイティブ講師のレッスンは、聞いているだけでもリスニング力の向上に繋がりますし、ネイティブの発音やアクセントに慣れることで、自分が話す英会話の日本訛りも改善できます。

また、知らない語彙はないと言えるほど語彙力があるので、ニュース教材を使ったレッスンなどで分からない単語が出てきても、質問すればすぐに答えてくれますし、類義語やイディオムなども教えてもらえます。

ライティングでも、正しい文法からフランクな英文までいろいろな表現を学べるので、英語力のアップ効果も期待できます。

ただ、ネイティブ講師のレッスン料は高めに設定しているオンライン英会話が多く、費用の負担が大きいのがネックです。

その点、以下で紹介するDMM英会話やネイティブキャンプはリーズナブルな価格なので、予算が限れている方でもネイティブ講師のレッスンを毎日気軽に受けられます。

1位:DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
主なプランの月額料金 スタンダードプラン: 6,480円(税込)/月~
プラスネイティブプラン: 15,800円(税込)/月~
※月額料金以外の費用はいっさいかかりません
講師の国籍数や国名 131ヵ国
アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパ、中南米など

DMM英会話は131ヵ国の講師からレッスンが受けられるオンライン英会話なだけあり、アメリカ人以外のネイティブ講師も多数在籍しています。

ネイティブ講師のレッスンを受けるには、プラスネイティブプランに入会する必要があるので1日1レッスンでも月々15,800円かかります。

スタンダードプランと比べると約2倍の受講料がかかるので、高く感じるかもしれません。

しかし、他社のネイティブプランでは月額4万円を超えるケースなども多いので、1レッスン510円~ネイティブ講師とレッスンをできるのはコスパは良いと言えるでしょう。

また、DMM英会話のネイティブ講師は合格率5%の最終評価をクリアしているので、レッスンの質が非常に高いのも特徴です。

初心者から上級者まで、個人のレベルに合わせて話すスピードや使用する単語も変えてくれるので、「理解しやすくハイレベルなレッスン」を受けられます。

2位:ネイティブキャンプ

オンライン英会話_国籍_ネイティブキャンプ2

サービス名 ネイティブキャンプ
URL https://nativecamp.net/
主なプランの月額料金 プレミアムプラン: 6,480円(税込)/月
ファミリープラン:1,980円(税込)/月
講師の国籍数や国名 120ヵ国以上
アメリカ、イギリス、フィリピン、セルビアなど

ネイティブキャンプには120ヵ国以上の講師が在籍しており、バラエティ豊かなレッスンが受講できるオンライン英会話です。

多数の国籍のネイティブ講師のレッスンを月額6,480円で無制限の定額で受けられるのは、破格のサービスと言えるでしょう。

ただし、受け放題なのは「今すぐレッスンができる講師」のみで、予約レッスンは有料で1回500コイン(1,000円)がかかります。

予約に追加料金がかかるのはネックですが、今すぐレッスンができるネイティブ講師なら定額で何回でも受講できるので、レッスンのコスパがもっとも高いと言えるでしょう。

無料の会員登録をすれば、7日間の無料体験レッスンを受講できるので、まずはたっぷりと体験してみてください。

日本人講師でおすすめのオンライン英会話ランキング

日本人講師がいるおすすめのオンライン英会話ですが、実質的にDMM英会話一択です。

というのも他にも日本人講師が在籍しているスクールはありますが、在籍数が少なく予約が取りづらかったり、初心者や子ども向けの講師のため肝心の本人の英語力が低いことが多いです。

ただ日本人講師がいるというだけでスクールを決めてしまうと、低品質なレッスンしか受けられない結果に繋がるので注意しましょう。

DMM英会話の日本人講師は採用前に英会話学校の講師経験や学歴、職歴を中心に審査を実施し、80項目に及ぶ最終審査をクリアしているので、高品質な日本人講師のレッスンが受けられます。

1位:DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
主なプランの月額料金 スタンダードプラン: 6,480円(税込)/月~
プラスネイティブプラン: 15,800円(税込)/月~
※月額料金以外の費用はいっさいかかりません
講師の国籍数や国名 131ヵ国
アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパ、中南米など

知名度、講師の質の高さ、料金など16項目のアンケートですべてNo.1を獲得した実績を持つDMM英会話では、プラスネイティブプランに加入すると日本人講師のレッスンが毎日受講できます。

DMM英会話の日本人講師は英語教師の資格を持っている人や長期間の留学経験がある、海外の大学を卒業している人などネイティブ並みの英語力を持っているのが特徴です。

プラスネイティブプランでは131ヵ国の講師から学べるので、まずは日本人講師のレッスンで英語力を上げてから、ネイティブ講師に本格的な英語を学ぶというステップも可能です。

また、質の高い日本人講師のレッスンは高めに設定されているのが一般的ですが、DMM英会話は1レッスン510円と比較的リーズナブルな価格となっています。

コストを抑えつつ質の高い日本人講師のレッスンを受けたい、という方にはもっとも適しているオンライン英会話なので、無料体験レッスンを受けてみることをおすすめします。

オンライン英会話で学べる国籍別の英語について

アメリカ英語を学べる講師の国籍

基本的にアメリカ人・カナダ人の講師から学ぶことができます。

ただカナダでは一部にフランス語圏があるので、カナダ全土で英語が話されているわけではありません。

しかし、実際にカナダで暮らしていますが、カナディアンはアメリカ英語を話すことは明らかです。

イギリス英語を学べる講師の国籍

アメリカ英語と並んでもう一つのネイティブ英語と言える「イギリス英語」は、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド等の講師から学べます。

元々イギリス植民地であった国は、イギリス英語の影響を受けているので、イギリス英語ネイティブの発音を学べることが多いです。

日本人はどの国籍の講師から英語を英語を学ぶべき?

アメリカ人が一番おすすめ

個人の目的次第なので「どの国籍の講師から学ぶべき」と断言はできませんが、アメリカ人講師からネイティブ英語を学ぶのが最もおすすめです。

世界で最も使われているのはアメリカ英語なので、仕事やそれ以外の場面でも何かと役に立つでしょう。

次点でフィリピン人更新もおすすめ

また、次点でフィリピン人は英語ネイティブではありませんが国民性も影響し、優しく教えてくれる講師が圧倒的に多いのでおすすめです。

非ネイティブ同士なので悩みを親身になって聞いてくれることもあり、受講者としてはありがたい限りです。

しかもフィリピン人更新のオンライン英会話は月額がネイティブ講師よりも安いことが多いので、手軽にレッスンを受けることができます。

オンライン英会話の国籍まとめ

オンライン英会話を、自分の好きな国籍の講師で選ぶというのは間違いではありません。

ただし、「英会話を学ぶのであればネイティブ講師が一番」と安易に決めるのはNGです。

英語を聞き取れない人や初心者がネイティブ講師を選んでしまうと、英語が聞き取れず逆に挫折してしまうことも多いのです。

レッスンを継続するためには、自分の英語レベルや学習目的に合わせて講師の国籍を選ぶことが重要です。

「英語が聞き取れないから最初は日本人講師にする」「ビジネス英語を学びたいからネイティブ講師にする」というように、自分のレベルや目的を精査したうえで国籍の講師を選びましょう。

無料体験レッスンを受ければ、英語の聞き取りやすさや講師の質が確認できるので、まずはいろいろなスクールで体験レッスンを受けてみてください。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/kids/