DMM英会話のデイリーニュースの内容や選び方、効果を徹底紹介!

タブレットに表示されるニュース

この記事ではDMM英会話の教材の一つ「デイリーニュース(Dairy News)」の内容や選び方、効果などを解説しています。

英語技能を効率よく伸ばせるのでユーザーからの人気も高く、非常におすすめです。DMM英会話のデイリーニュースに興味のある方はぜひ参考にして下さい。

DMM英会話のデイリーニュースとは?

DMM英会話デイリーニューストップ

10,000以上もの教材があるDMM英会話ですが、その中でも英語力を総合的に高められるとして非常に人気が高いのが「デイリーニュース(Dairy News)」教材です。

レベル表示は「5〜10」となっており、中級者から上級者までを対象とした内容になっています。

日々のニュースを元に様々なトピックを題材にするので未知の分野の英語を取り入れることができ、表現力が格段に広がります。

そのため、「今よりも英語力を伸ばしたい!」「表現力を身に着けたい」という人にオススメの教材です。

レベルに応じたニュースを選べる

デイリーニュースレベル

他のオンライン英会話でもニュース系の教材はありますが、ハイレベルな内容になっているので初心者~中級者には難しいというイメージを持っていると思います。

しかし、DMM英会話ではレベルごとにニュース記事を探せるようになっており、日本語訳を読むことも可能となっています。

ここにDMM英会話のデイリーニュースが人気の理由があると言えるでしょう。

DMM英会話のデイリーニュースの内容・授業の進め方を紹介

「デイリーニュース」の内容は下の通りです。

「デイリーニュース」の内容
  1. ボキャブラリー
  2. ニュース記事
  3. 質問
  4. 議論
  5. 一歩踏み込んだ議論

ボキャブラリー

デイリーニュースボキャブラリー

ボキャブラリーでは、この後の「ニュース記事」に出てくる重要単語を確認します。

単語の発音、例文での使い方が掲載されています。例文の下に追加の例文があるので必ずチェックしましょう。

授業内では、生徒が単語・例文を読む」→「講師が間違いを訂正」という流れで進むことが多いです。また、これが必要でない場合は、知らない部分だけ質問してもオッケーです。

ニュース記事

デイリーニュースニュース記事

メインのニュース記事です。こちらはレベルに関わらず「生徒が記事を音読」→「講師が気になった点を修正」の流れが多いです。

一方的にこちらが音読するので少し不安になりますが、講師は間違いをピックアップしてくれているので安心して読み進めてください。

質問

デイリーニュース質問

先ほど読んだ記事の内容の質問です。ここでは記事の内容以外の質問はありません。答えを記事内から探して答えていけばオッケーです。

議論

デイリーニュースディスカッション

記事の内容をベースに、自分の意見を述べていくセクションです。

講師に質問されるので、それに沿って自分の考えを述べます。講師も意見を述べるので、それについて自分のコメントができると素晴らしいです。

いきなり質問されると困ってしまう方は、事前に少し予習しておくといいかもしれません。

一歩踏み込んだ議論

デイリーニュース一歩踏みこんだ議論

さらに発展的な内容について議論していきます。正直、レッスンではここまで進まないことも多いですが、記事の内容から話をできるだけ広げてみてください。

DMM英会話のデイリーニュースの効果・メリット

ここからは個人的に実感した「デイリーニュース(Dairy News)」教材のメリット・効果をお伝えしたいと思います。

結論から言うと、「中級以上の人はガンガン使うべき」教材です。

読解力が上がるので英語力が底上げできる

「英会話に読み書きのスキルは必要ないでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

英会話の力を伸ばすには、俗に言う4技能をバランスよく鍛える必要があります。4技能とは「聞く・話す・読む・書く」の力のことです。

「英会話」は「聞く・話す」ことにフォーカスされがちですが、実際は「読む・書く」の力も大切です。

「読む」ことは、英文そのものの構成・構造や語彙力に直結します。

「書く」ことは、英作文能力に直結します。アウトプットすることで語彙力が綴りレベルで確かなものとなります。

「聞く」ことは「読む」力を口頭ベースに置き換えたもの。「話す」ことは書くことを口頭ベースに置き換え、発音やアクセントといった要素を上乗せしたものです。つまり読み書きの学習を通じて土台が補強されます。

Weblioコラム『英会話の上達のカギは「読む・聞く・話す・書く」の総合的学習』より

こうした点を踏まえても、「デイリーニュース」で「読む」練習をすることは非常に効果的です。

しかも文章を読んだ後にその内容を踏まえて講師と会話する(つまり「話す・聞く」の作業をする)ので、技能同士を結びつけながら英語力を伸ばすことができます。

つまりデイリーニュースで学習すると「聞く・話す・読む」能力を伸ばせるので、後は授業後に文章を見ながら作文などをして「書き」の要素を補えば英会話力がどんどん伸びていきます。

背景知識・教養がつくので英語の理解力が高まる

日本語でも「この文章、難しい内容で分かりづらいなあ」ってことありますよね。

つまり、言語自体を理解できていても、知識がなかったり話の背景がつかめないと人はイメージをしにくいんです。

もちろんこれは英語でも同じです。

「デイリーニュース」教材は時事のニュースをベースに作成されているため、現在世界で起きている出来事を英語で知ることができます。

時事に強くなれば「この記事、背景を知ってるからスラスラ読める!」ということが増えてきますし、教養も身に付きます。

発音の矯正もできる

講師・あなたのレベルによりますが、デイリーニュースではレッスンを進める過程で「文章を読んで講師が間違いを指摘する」というプロセスが入ります。

そのため、発音の誤りを訂正していくことができるんです。

普段発音をチェックしてもらえる機会はないという方がほとんどだと思うので、ぜひデイリーニュースを活用して下さい。

自分の言いたいことが言えるようになる

英会話をしていると自分の言いたいことが中々伝わらず、モヤモヤすることが多いはずです。

これはまだあなたの「守備範囲」が狭いから起きる現象です。ある程度英語力がついていても、話したことのないトピックは表現するのが難しいです。

その点でDMM英会話の「デイリーニュース」は自分にとって馴染みのない分野の英語も練習できるでので、続けていくことで自然と話せる分野が広がります。

そのため、「伝えたいことが言えずもどかしい」という機会が減っていきます。

筆者はTOEICで970点を取れるようになるまでに何十社ものオンライン英会話スクールを利用しましたが、ニュース教材の更新頻度や質がここまで高いのはDMM英会話くらいでした。

最新の時事英語に触れることができますので、もしまだDMM英会話に登録してない方がいればDMM英会話の無料体験ページからどうぞ。

DMM英会話のデイリーニュース教材に予習は必要?

結論から言うと必須ではありませんが、予習をしておいた方がレッスンがスムーズに進むのは間違いありません。

「デイリーニュース(Dairy News)」のレッスンで重視したいのは「議論」ですので、個人の意見を述べられるようになる必要があります。

そのため、事前にある程度自分の考えをまとめておくとスムーズになるのです。

ただ必須ではありません。講師も予習していない前提でレッスンを進めるので、時間がない場合は無理して予習しなくても大丈夫です。

DMM英会話のデイリーニュース教材まとめ

DMM英会話ロゴ

今回は、DMM英会話の「デイリーニュース(Dairy News)」教材の内容・進め方・効果を解説しました。

デイリーニュース教材は他の教材と比べると内容は少し重いですが、英語力を伸ばすためには非常に効果的です。

今回の記事を参考に、ぜひ活用してみて下さい。

ニュース教材ならレアジョブ英会話もおすすめ

DMM英会話_デイリーニュース_レアジョブにもデイリーニュース教材がある

ちなみにデイリーニュース教材は、DMM英会話と並んで業界最大手のレアジョブ英会話にも存在しています。

また、レアジョブ英会話には「ウィークリーニュースアーティクル」という教材も存在しているので、ニュース教材を利用したい方にはレアジョブ英会話もおすすめとなっています。

3,100社を超える企業に導入されている実績もあり、初回の2レッスンは無料で体験できるので体験レッスンをしてみることをおすすめします。

公式サイト:https://www.rarejob.com/