【実体験】英語が話せないままワーホリに行った日本人の末路や仕事

悩む女性

本記事では、経験者の視点から「英語が話せないままワーホリを始めるとこうなるよ」というリアルな内容をシェアさせていただきます。

カナダで1年間ワーホリした日本育ちの純ジャパJoshです。僕は自分では英語学習したつもりですが、実際は全然英語を話せない状態で日本を発ちました。

※行った勉強方法については英語はフレーズ暗記の覚え方が重要!で解説しています。

今回はワーホリという素晴らしい期間を無駄にしないために、筆者の体験談や失敗例を紹介していきますので参考にする部分は参考にして、そうじゃない部分は反面教師にして下さい。

結論:ワーホリにいけば英語力が伸びるは大間違い!

「ワーホリに行けば英語力伸びるでしょ?」「現地に行けばなんとかなるし、日本でそんな英語を頑張らなくてもいいでしょ」なんて考える人が多いです。

しかし、実際は1年〜2年くらい海外で暮らしただけじゃ英語は飛躍的に伸びません。話せないままワーホリに行くと相応に苦しみます。

正直なところ、これが現実です。もちろん英語力が伸びる人もいますが、そうした人の共通点を探すと現地で「死ぬほど勉強している」。これに尽きます。

しかし、日本人は世界的に見ても勉強時間が少ないので、現地に行ってから勉強をするのも一苦労です。

日本人と世界の人間の勉強時間の差がどれくらいなのか、調べたデータが以下のグラフです。

日本人の勉強時間

(情報ソース:東洋経済「小学生より勉強しない日本の大学生」より)

見ての通り、日本人は全然勉強していません。これじゃあどの国に行こうと、どんな優秀な語学学校に通おうと英語力は伸びません

英語力を伸ばせるのはこのグラフ上位の一握りの、自分の意思で長時間の勉強を継続する土台がある人だけです。

英語が話せないままワーホリに行った日本人の末路

英語が話せないので微妙な仕事しか就けない

英語が話せないと仕事も見つからないんじゃ…と思うかもしれませんが、仕事自体は見つかります!

ただし、「職種は限られるけどね」というオチです

「限られた職種」とは、レストランでの皿洗い・日本人しかいないジャパレス(日本食レストラン)での仕事です。

英語を話す環境に行けないので英語を話せるようにならない

もちろん、こうした仕事場でも「海外でお金を稼ぐ」という経験はできます。

しかしジャパレスで働くと起きること

  • 肝心な英語を練習する機会がない
  • そのせいで英語を話せるようにならない
  • ずっとこの状況から抜けられない

簡単に上記の負のループができあがります。

つまり、「せっかくワーホリで海外に来たのに、皿洗いの仕事ばっかで英語を話してないな…?」ということがよく起きます。

そうなると英語力は上がらず、ずっと同じ環境で働き続けることしかできません。

英語力が上がらないまま帰国する羽目になる

この負のループにハマると最終的にどうなるのかは明確で、「英語話せないまま帰国しちゃったorz」という結末になります。これこそワーホリした日本人の典型的なイメージです。ただ海外生活の雰囲気を楽しんだだけで終了です。

「じゃあどうすればいいんだよ!?」と思うはずです。

現地で生活を始めてから勉強をしてもすぐに英語は伸びません。つまり、日本で全力で英語力を上げてからワーホリをする。これが一番大事です。

英語を話せるようになってからワーホリを始めよう

もちろん、日本を出発する前に英語をある程度のレベルにするのは簡単じゃありません。

「誰でも簡単に3ヶ月で英語がペラペラに!」「聞き流すだけで英語力が上がる!」なんて教材を使っても無理です。そんな楽な手段があったら駅前に大量の英会話スクールはないですし、オンライン英会話の会員数が100万人を超えたりしません。

英会話を上達させるには時間がかかりますし、ある程度の努力が必要です。魅力的な言葉の並ぶ教材に少しでも魅力を感じたあなたは、騙されてお金を失うだけなので注意して下さい。

その点、この記事を読んでいる人は少しラッキーかもしれません。英語が話せないままワーホリをして失敗した筆者のおかげで、少なくとも「英会話の上達には時間がかかるから、早めに準備しておかなかきゃ」と知れたはずです。

英語を話せない人がワーホリをする前にやるべきこと

この記事はそんなあなたのために、出発前の限られた時間でできる「英会話の上達方法」をお伝えします。

といっても、やることは超シンプルです。以下のことを全力でやるだけです。

ワーホリ前に全力でやるべきこと

  • 動画をひたすら観る
  • ひたすら実践、アウトプットする

これだけです。僕が実際に行った方法をお伝えします。

動画をひたすら観る

英語が話される動画をひたすら観ましょう。音声でなく「動画」です。というのも、動画なら実際の状況をイメージしながら表現が学べるので、実践的なんです。

観た動画と似た状況に出会った時に、音声よりも学んだ英語が出て来やすいです。

どの動画を観るかはあなたの自由ですが、ぼくが使ったのはYouTubeです。英語は毎日勉強「しない」のが重要でも紹介していますが、僕はとにかくYouTubeを使って無料で英語をインプットしました。

当然、Netflix等の海外映画・ドラマでも勉強できますが、「リアルさ」に欠くことが多いんですよね。海外映画・ドラマで俳優さんが話す内容は、作品を作るための「セリフ」でして、日常で即使えるフレーズでないことがあります。

一方でYouTubeの動画は、「リアルな英語」が話されていることが多く、そのまま日常で使えるフレーズを蓄えるには最適です。

しかもyoutubeは費用がかかりません。僕はこうしてYouTubeで覚えたフレーズをラインに送りまくり、時間がある時に状況をイメージしながらブツブツ呟きました。

独り言ライン

名付けて「独り言ライン」については以下の記事で詳しく紹介しています!

ひたすら英語を実践、アウトプットする

実践と言っても、多くの方は覚えた英語を実践できる外国人の知り合いがいないと思います。

そこでおすすめなのが、1レッスン150円程度の格安で外国人講師と話せるオンライン英会話です。

覚えたフレーズをオンライン英会話のレッスン中に実践してアウトプット→先程の動画や無料で使える教材を活用してインプット、という作業を繰り返した結果、ワーホリ当初のTOEIC300点から、現在はTOEIC970点まで英語力を伸ばすことに成功しています。

よく似ている駅前の英会話スクールが1レッスン5,000円前後するのに対し、オンライン英会話は1レッスン150~200円ほどなので、短期間で英語力を伸ばすならこれを使わない手はないです。

筆者が利用していたのは国内最大手かつ、1レッスン料金が約170円と手頃。111カ国の講師がいるので、ほぼ確実にワーホリ先の国の講師と話せるDMM英会話です。

DMM英会話:初回2レッスンが無料で体験できる!

例えば急にイギリスにワーホリをしてイギリス人と話すと緊張しますし苦労もしますが、オンライン英会話で先にイギリス人の講師と何度も話していれば現地で緊張もしませんし苦労もしにくいです。

なお、当サイトでも国内のオンライン英会話スクールを比較し、ランキング形式でまとめています。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

英語話せないならワーホリで語学学校は必要?

結論:必要ありません

ワーキングホリデー・留学で語学学校(ESL: English as a second language)に行く人は非常に多いです。

ただ、正直必要ないと思います。筆者としては「そんな所に費用をかけてどうするの?」と言いたいところです。

現地でしかできない経験、外国人との交流など、もっと他に費用をかけるべき部分があります。

語学学校に通ったからといって英語力は伸びない

「語学学校に行く→英会話力が伸びる」というロジックは明らかに間違いです。

「中学・高校で英語を学んだのに実際は話せない」という人が、語学学校に通ったからといって話せるようになるわけがないです。

そもそも日本で勉強してこない「自発的に勉強しない人」が語学学校に通っても、英語レベルが上がることなんてあり得ません。

実際にワーホリや留学で語学学校に通っている・通った日本人の友達は、今だに英語レベル「初級」のままの人が多いです。

語学学校に通って、英語の勉強をした人だけが英語を話せるようになる。これが真実です。

英語話せない状態でワーホリをして友達はできる?

友達はできるけど、日本人のみの場合が多い

ぶっちゃけ、英語がそれほど話せなくても友達はできます。

ただ、英語が話せない人は常に日本人だけでグループを作って生活しているので、必然的にできる友達も日本人のみです。

あれ、ワーホリしている意味ある?ってなります。

海外で日本人の友達を作るのは避けるべき?

別に避けるべきではないですが、常に日本人と一緒にいると確実に英語は伸びないです。周りの友達を見ていても明らかです。

よくあるのがFacebookやインスタで日本人の友達と「イェーイ!!!」ってやつですね。

ワーホリ・留学に来てまで日本人の友達と時間を過ごすことは、英語を話す機会を減らしていることになってしまいます。

日本人の友達は日本で作れます。現地では、できるだけ英語を話せる友達を作って行動すべきです。

もちろん、現地で日本人の友達を作るのも素晴らしいことです。僕も何人か仲良くなりました。でも程々にってことです。

日本人以外の友達を探すならAirbnbやシェアハウスがおすすめ

僕は現地に到着後、泊まりながらAirbnbで住む場所を探しました。

参考:https://www.airbnb.jp/

時期も悪く家探しには苦労したため3週間ほどホステルに滞在していたのですが、その時の友達と数ヶ月間シェアハウスに一緒に住みました。

そうなってしまえば、自然に友達なんてできます。Airbnbやシェアハウス等を活用すれば、そこから友人の友人の…という感じで友達の輪は広がります。

「語学学校で友達作りをするべき」だと紹介するサイトもありますが、特に場所に関わらず友達はいくらでもできます。

ワーホリでよくある質問

ここまで、ワーホリについてリアルな現実を紹介してきました。

しかし、ワーホリ自体は割と簡単に許可が下りるため、海外での生活を経験したい人にとっては素晴らしいシステムです。

そこで以下ではよくある質問とその回答をざっくりお伝えします。

費用はどれくらい用意した?

ワーホリビザの申請費・飛行機のチケット代等を除き、実際に現地に持って行ったのは30万円程度用意しました。

「心配だからたくさん用意しておこう」と思う方もいますが、結局仕事が見つからなければ帰宅することになるので、最低限で大丈夫です。

「仕事を見つけて給料を受け取るまでの期間」を生きれるだけの費用は用意して出発してくださいね。

情報収集はどこでした?

僕の場合はカナダだったので、ワーホリシロップというサイトです。

ワーホリ申請の細かい手続き・現地の生活情報等の全てが紹介されているため、相当助けられました。

こちら実は留学エージェントなんですが、サイトの情報を見るだけなら無料です。カナダにワーホリに行く人はチェック必須です。

また他の国(オーストラリア、ニュージーランド、イギリス等々)にワーホリに行く人も、それぞれの国の解説サイトがあるはずなのでツールは常にチェックしながら準備を進めてくださいね。

留学エージェントは必要?

「留学エージェントは必要?」と聞かれたら、絶対ムダと答えます。

語学学校やホームステイ先を手配・その他申請等を代行してくれるエージェントは確かに便利かもしれませんが、彼らだってビジネスなので、現地で提携している学校・ホームステイ先を勧めてきます。

つまり、ワーホリ先の学校やホームステイの環境が劣悪でも、向こうからすれば知ったことじゃありません。利益のために容赦なく紹介してきます。

特に女性はホームステイ先の環境によっては最悪なワーホリになってしまう可能性もあり、実際過去には事件も起きています。

おまけに余計な費用もかかるため、筆者は自分で情報を調べて決めることをおすすめします

外国人からすると留学エージェントの存在はおかしい

実際、外国人の友達に留学エージェントの存在を伝えると不思議そうな顔をされます(笑)。

日本以外の人はみんな自力でワーホリに来ています。これは日本が中抜きビジネスの天国で、◯◯エージェントの存在が溢れていることが関係しています。

人材派遣会社なんてコンビニよりも多い数が存在しています。もちろん、留学エージェントを使った結果、素晴らしいワーホリを送れる人もいるかもしれませんが、多分その人はエージェントを使わなくても素敵なワーホリを過ごせてます。

僕自身、一切エージェント等の助けを借りずにここまで来ました。エージェントに払うお金は、現地で友達と遊んだり、経験を積むために使った方が賢いです。

英語が話せないでワーホリに行くとこうなる:まとめ

今回は、「英語が話せないでワーホリに行くとこうなる」ということで、英語が話せないままワーキングホリデーに行くとどうなるのか、ちょっと辛い現実をお伝えしました。

繰り返しますが、英語力は日本で上げられます。筆者のような経験をしないためにも、まだ出発までに期間ががある人は、ぜひ日本で英会話力を上げてから出発することをオススメします。

コスパや時間に対する効果を考えると、おすすめはオンライン英会話です。以下に実際に筆者が利用し、TOEIC300点台から970点になれたオンライン英会話を紹介します。

どちらも最初の2レッスンは無料で体験できるので、利用する場合は絶対にいきなり有料登録はせず、無料レッスンで両方を比較検討した上で、良かった方のサービスを使いましょう。

・133カ国の講師と話せる!10,000以上の教材が無料!

初回2レッスンが無料!DMM英会話

・格安でハイレベルな英語力を身につけられる!

初回2レッスン、カウンセリングが無料!レアジョブ英会話

日本である程度英語を話せるようになっていれば、ワーホリ先で「英語が話せなくて悔しい!」という思いをせず済みますし、現地で100倍楽しい生活が送れるはずです!以上、Joshでした。