ワーホリで9割の人が後悔、失敗している理由|後悔しない3つの方法

ワーホリで9割が後悔する理由

残念ながらワーキングホリデー(ワーホリ)にいった人の9割は後悔、失敗しています。

当記事ではカナダでワーキングホリデーをした筆者がワーホリで後悔や失敗する理由を紹介しつつ、後悔しないための方法を紹介していきますので参考にして下さい。

ワーホリで9割の人は後悔、失敗している理由

準備不足のせいで英語が話せない

筆者自身がワーホリ経験があるので言えるのですが、そもそもワーホリに必要な準備(最低限の英語力を身に着けていく)をせず海外に行った結果、後悔している人が多いです。

実際、周囲には準備不足でワーホリで失敗したと言っている友達がたくさんいます。ぶっちゃけ筆者からすると「そりゃダメだわ」という感じです。

英語力が伸びる環境に身を置いていない

ワーホリで英語力が伸びない人の特徴
  • 一緒に暮らすルームメイトが日本人しかいない
  • バイト先で日本語が使えてしまう(ジャパレスなど)
  • 旅行や遊びも現地で知り合った日本人と一緒

冷静に見ると「やる気あんの?」と言いたくなりますが、実際には9割の日本人がこうなります。

  1. 日本人といるから英語を実践する場がない
  2. 英語を使わないからレベルが上がらない
  3. レベルが上がらないから英語の使える場に行けない

ここから抜け出せずワーホリの期間が終了。そして英語力0〜1のまま帰国して後悔するわけです。

日本人と過ごせば英語なしでも生活はできるし、とりあえず海外生活も楽しめるのですが、そんな環境で英語力が伸びるはずがないのが現実です。

英語圏に行けば自然と英語を話せると勘違いしていた

解説をする絵文字くん

Josh

当たり前なんだけど「英語圏に住めば自然に英語が話せるようになる」のは幻想です。

解説を聞くワシさん

ワシさん

現実は厳しいですね…。

「ワーホリをして英語が話せるようになった!」という友達はゼロではありませんが、かなり少ないのが現実です。

ワーホリをして英語を話せるようになる人の共通点は2つです。

  • そもそも日本である程度英語が話せるように勉強していた
  • 現地で死ぬ気で英語の勉強をしまくった

このどちらかに当てはまってない人は、漏れなくワーホリで後悔・失敗します。

英語が話せないと先程の負のループに突入してしまうのですが、英語が話せるとその逆で正のループに突入してどんどん英語が話せるようになります。

  1. 英語が話せるので外国人と交流できる
  2. 外国人と交流するので自然と英語力が伸びていく
  3. 英語力が高いので他の外国人の友達を紹介されたり一緒に遊べる
  4. 交友の幅が広がり色々な英語に触れられるのでより英語が話せるようになる

このループに入れた、あるいは努力で入った人はワーホリで後悔しません。

筆者はオンライン英会話などで日本でTOEIC700点ほどの英語力を身に着けていったので、幸いこちらのループに入れましたが大半の人は勉強を怠ったので後悔していました。

初回2レッスンが無料で受けられるDMM英会話

ワーホリから帰国後に就職難民になるから

解説を聞くワシさん

ワシさん

ワーホリに行った人は就職で後悔するらしいが、なんでだ?

実はワーホリから帰国後に就職ができず後悔する人は多いです。しかしこの問題は日本の企業側ではなく、ワーホリに行く人たちにあります。

すでに紹介したように、9割の人が英語も満足に話せないまま帰国します。つまり企業からすると以下のような状態になります。

講師のアイコン

採用担当者

「ワーホリに行きました!」というから話を聞いてみたら英語をロクに話せないし、日本での経験やスキルも少ないから採用するメリットがないな。

そのため、企業によっては「ワーホリ=旅行の延長」というイメージを持たれています。

そして残念ながらそうしたマイナスな考えを作り出しているのは、ワーホリして英語を身に着けられない僕たち自身なのです。

ワーホリで後悔、失敗しないためにするべきこと

ワーホリ前に英語力を伸ばしておく

後悔しないための答えは明確で、「ワーホリを始める前に英語力を上げておきましょう」。これしかありません。

解説を聞くワシさん

ワシさん

英語力を伸ばすためにワーホリに行くのに、日本を出る前に英語力を上げるのってだるくないか

解説をするJosh

Josh

面倒だけど、出発前の英語力はその後の伸びに大きく関係してくるよ。

英語については、「現地に到着してからよーいどん!」じゃあ完全に遅いです。

日本を出発する前から準備をして、ある程度の英会話力を身につけることで初めてワーホリでその力を飛躍的に上げることができるんです。

少し考えてみれば明確です。

すでに英語が話せると起きること
  1. 日本人のルームメイトと暮らす理由がなくなる
  2. 時給の安い日本語を話す環境で働く理由がなくなる
  3. そもそも海外で日本人の知り合いを作る必要がなくなる

つまり、現地に行く前に英語力を上げておけばワーホリなんて余裕です。

英語が話せる状態なら外国人と話せるし友達も簡単に作れるので、後悔しない有意義なワーホリライフが過ごせます。

これからワーホリに行く皆さんには、1日でも早く英会話の勉強を始めましょう。英語力ゼロでいくよりは今から1でもいいので英語力つけた方が絶対に楽です。

ワーホリ前に日本で英語力を上げる方法

解説を聞くワシさん

ワシさん

「日本で英会話力を上げろ」って簡単に言うけど、具体的にどうすればいいんだ?

解説をするJosh

Josh

たくさん方法があるよ。その中から実査にやってみて効果があった方法を紹介していくね。

日本で英語力を伸ばすにはインプットとアウトプットを繰り返す必要があります。まずインプットに関しては、完全に個人でできます。

インプットの方法

YouTubeの英語動画を見る、Netflixで海外ドラマを見る、Podcastを活用する、フレーズをまとめた書籍を買ってみる、といった手段が効果的です。

youtubeとかなら無料ですので、とにかく使えそうなフレーズはひたすら暗記し、自然と口から出るレベルにまでにしましょう。

アウトプットの方法
解説をするJosh

Josh

僕はオンラインの英会話のレッスンをたくさん受けたよ。

「駅前留学」なんて言葉が一昔前に流行りましたが、今は自宅で英会話のレッスンが受けられる時代です。

筆者はワーホリを始める前に日本でオンライン英会話のレッスンを受けていたおかげで、現地で苦労することなく生活を始めることができました。

駅前留学の英会話スクールが1レッスン5,000円ほどなのに対し、オンライン英会話は1レッスン150円~200円程度24時間開講しているのが最大のメリットです。

格安で外国人の講師と話してレッスンできるので、ワーホリ先で外国人と話したり急に英語の環境になってもアガらない、緊張しないというメリットもあります。

TOEICのスコアを上げておく

解説をする絵文字くん

Josh

ワーホリ中にTOEICのスコアを上げるのも一つの方法だね。

個人的には検定・資格に否定的ですが、やはり「〇〇点」と目に見える数値となっていればワーホリ中はもちろん、ワーホリから帰国後も企業から信頼もされやすいです。

「TOEICは読解の要素もあるから、英会話に効果がない!」という意見もありますが、英会話を効率的に伸ばすためには、「話す・聞く・読む・書く」の総合的な力をつけることが近道です。

そう考えると、TOEICの「聞く・読む」の要素は英会話の勉強にも当然役立つわけです。

そのため、ワーホリ前、あるいはワーホリ中にTOEICの点数を上げておくのも一つの手です。

TOEICの点数があれば自信に繋がるので海外でも堂々と英語を話せますし、帰国後も就職で失敗する可能性を大きく減らせます。

DMM英会話ネイティブキャンプといったオンライン英会話では、通常のレッスンだけでなくTOEIC対策もしてくれますのでおすすめです。

帰国後に外資系の企業に就職する

解説をする絵文字くん

Josh

外資の企業の方が、留学経験を買ってくれる可能性が高いよ。

当然ですが、外資系の企業は英語力が求められるので日系企業よりも「ワーホリ・留学」への評価が高いです。

そのため、選考時にワーホリの経験をもとに採用されるケースも珍しくありません。この時にもTOEICなどの資格があると役立ちます。

「外資は敷居高すぎ」と思う人もいるかもしれませんが、英語力次第では十分にチャンスがあります。国内企業はダメでも外資系だと就職活動がすんなり進むことも多いです。

ワーホリで後悔しないためにおすすめのオンライン英会話3選

正直、日本国内で暮らしていても外国人の友だちがいたり、両親の片方が外国人といった恵まれた一部の人を除き、アウトプットをする場所が限られています。

しかしワーホリ前に英語力を身に着けたい場合、実践の場は必須です。

そのため、アウトプットの手段として最適なのが、他の手段より格安かつレッスンが高クオリティのオンライン英会話となってきます。

多くのスクールで無料体験を行なっているので、なるべく早く試してみることを圧倒的にオススメします(英会話の勉強には時間もかかりますので)。

1位:DMM英会話

DMM英会話トップページ

迷ったらDMM英会話で大丈夫です。言わずと知れた最大手の、DMMが運営しているオンライン英会話スクール。

講師の国籍は約110カ国にもなり、多様な英語に触れることができます。また24時間運営のため忙しい人にもピッタリです。僕自身、現在も継続して受講しています。受賞歴もあり、客観的な評価が高いスクールです。

2位:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ(Native Camp)トップページ

ネイティブキャンプの特徴は何と言っても「受講し放題」であること。月額料金だけで無制限レッスンが受けられます(レッスンの予約は課金が必要)。

「時間が空いた時にサッと受講したい」「とにかく数を受けたい」という方にオススメです。また独自のアプリも展開しているため、スマホでもサクサク受講できちゃいます。

2位:学校への導入実績も多数あるレアジョブ英会話

子ども_オンライン英会話_レアジョブ

サービス名 レアジョブ英会話
URL https://www.rarejob.com/
講師 ネイティブを含む外国人講師/日本人講師
プランと料金 ■日常英会話コース
・月8回レッスン(25分)
4,620円(税込)※1レッスン578円
・毎日1レッスン(25分)
6,380円(税込)※1レッスン206円
■中学・高校生専用コース
・毎日1レッスン(25分)
10,780円(税込)※1レッスン348円
■ビジネスレベルの英会話コース
・毎日1レッスン(25分)
10,780円(税込)※1レッスン348
■あんしんパッケージ(オプション)
・専任日本人カウンセラーに学習の相談、レッスンの自動予約などを利用可能
月額+1,078円(税込)
レッスン時間単位 25分(50分、75分コースも1コマずつ受講可能)
教材について ・5,000以上の多彩な教材を無料提供
・ディスカッション教材、TOEIC教材、TOEFL教材も無料提供
・英語試験における4技能を強化する教材「Go for it!」を活用
無料体験レッスン あり(初回レッスンが無料)

レアジョブ英会話は数あるオンライン英会話の中でも高い人気をほこっており、3,000を超える企業・学校法人で導入されている実績があります。

レッスン料金が安く、講師の質も高いので非常におすすめのオンライン英会話となっています。

公式サイト:https://www.rarejob.com/

ワーホリで9割の人が後悔、失敗している理由まとめ

当記事ではワーホリで後悔、失敗する主な理由とその解決方法を紹介しました。

もしこれからワーホリに行く予定があるなら、悪いことは言いませんので1日でも早く英会話の勉強を始めてください。

筆者自身、早く勉強を始めたおかげで周りの人間のようにワーホリで失敗せずに済みました。

逆に日本で勉強していなかったと思うと、正直非常に恐ろしいです、

英会話の勉強は格安でインプットとアウトプットができるオンラインの英会話が最適ですので、まずは無料体験をしてみることをおすすめします。

先程の3つのオンライン英会話は全ておすすめですが、迷っていたら業界最大手のDMM英会話を選んだおけば間違いありません。

ワーホリでの生活が貴重な人生の経験となるように、また後悔しない海外での生活送れるよう日本にいるうちからベストを尽くしましょう!

以上、Joshでした!