kimini英会話の口コミ・評判!初心者が体験して判明したデメリットも

英会話初心者向け解説

当記事では学研が運営しているオンライン英会話「kimini」を実際に初心者が体験してみたレポートを紹介しています。

また、実際にkimini英会話を利用している方の口コミ・評判なども紹介していますので利用を検討している方は参考にして下さい。

kimini英会話とは

考える女性

kimini英会話は70年間教育に携わる「学研グループ」が運営しているオンライン英会話サービスです。

講師は約700人おり、全員が日本と同じく第二言語として英語を習得したフィリピン人です。そのため、英語を一から学ぶユーザーの苦労を理解したレッスンを行ってくれます。

最大の特徴は条件はありますが4,378円~という格安の料金でレッスンを受けられる点で、筆者が利用しているDMM英会話やレアジョブ英会話と比較して、毎日1レッスンプランも300円ほど安いです。

そのため、レッスンにとにかく安さを求める方にはおすすめすることができます。

ただ詳しくはデメリットの項目で紹介していますが、実際に体験してみると講師の質や運営のサポートは値段なりに低い印象を受けました。

つまり安かろう悪かろうなサービスですので、質の高いサポートやサービスを期待する方は、DMM英会話やレアジョブ英会話といった大手のオンライン英会話を受講した方が良いでしょう。月額も300円ほどしか変わりません。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

kiminiを体験した他ユーザーの口コミ・評判

こちらがkimini英会話の口コミです。基本的には高評価のものが多いのですが、やはりDMM英会話などの大手と比べると講師の数が少ないので、その辺りを不満に感じている人も一定数いるようでした。

kimini英会話を初心者が実際に体験して感じたメリット

オンライン英会話「kimini」のホームページ

初心者が体験して感じたメリット・デメリット
  • カリキュラムに基づいたレッスンがあるので楽
  • 値段はかなり安い
  • 講師の質は値段相応
  • Skype不要でレッスンできるので便利

カリキュラムに基づいたレッスンがあるので楽

目標に向かって一直線

一般的なオンライン英会話スクールでは、レッスンごとに自分で内容を決め、教材を選択します。

そのため、「今日はどのレッスンをやろうか」と悩むことが多いです。

一方kiminiは自分の定めた目標に沿って、システムが自動でレッスンを決定してくれます。私たちはそれに従って受講するだけでOKです。

レッスン毎に予習・復習もやってくれる

オンライン英会話全体をみても、予習・復習まで面倒を見てくれるサービスは珍しいです。

何事も最初はやる気があるんだけど途中からサボっちゃうという方であっても、kiminiの体系化された環境に身を置くことで勉強に向き合うことができます。

値段はやや安い

kimini レアジョブ英会話 DMM英会話
6,028円 6,380円 6,480円

こちらの表は「1ヶ月毎日1レッスン」プランの料金を比較したものです。

大手と比較して、kiminiが約300円ほど安いのが分かります。また、平日の9時~16時限定ですが月額3,980円という格安で1レッスンが受けられる「ウィークディプラン」があります。

コストを抑えたい方にとっては、kiminiは良いオンライン英会話と言えるでしょう。

Skype不要でレッスンが受けられて便利

Skype不要!

多くのオンライン英会話スクールでは、Skype(スカイプ)というトーキングアプリを使ってレッスンを行います。

ただSkypeはオンライン英会話用のツールではないので、教材は違う画面で開く必要があります。

つまり、レッスン中はSkypeと教材の画面を行ったり来たりしないといけません。

その点、kiminiはトーク画面・教材画面等が全て1つの画面にまとまっているので、レッスン中の煩わしさが一切ありません。

オフィス勤務の講師は通信が安定している

安定の通信

講師が在宅のスクールだと、講師側の通信状況によって「声が聞こえづらい」「雑音がすごい」等のトラブルが起きることがあります。

一方でkiminiにはオフィス勤務の講師がいるため、オフィス勤務講師をレッスン相手に選べば通信が乱れることがほとんどないです。

kimini英会話を初心者が実際に体験して感じたデメリット

  • 講師の質は値段相応に低い
  • 自宅勤務の講師は通信状況が悪い
  • 講師はフィリピン人のみ
  • 講師数の数がかなり少ない
  • 生徒からの評価が表示されない
  • 自動に有料プランに移行してしまう

講師の質は値段相応に低い

ヘッドセットをして微笑む女性

kiminiは有名な出版会社「学研」が運営しているオンライン英会話スクールなので講師の質も高いと思われがちですが、実際にやってみると他よりも質は微妙な印象でした。

もちろん質の高い講師もいますが、値段が安い分、講師に払う給料も安いので他サービスより以下のような方が多かったのも事実です。

  1. レッスンが教材を読むだけで適当
  2. 通信環境が悪すぎて聞き取れない
  3. そっちの通信環境が悪いのに聞き取れないと逆ギレしてくる
  4. 運営にそのことを伝えても「英文法の質問は受け付けません」と一蹴される
    (通信環境の苦情であって英文法の質問はしていないのに…)

「ちゃんとした学習」をするためにレッスンが組まれているとの事ですが、個人的には質が微妙ですし運営の対応も酷いので正直微妙という印象でした。

考えてみれば当然で、月額が安い=講師に支払う給料も安いので、優秀な講師は高い給料を払ってくれる=月額の高いサービスで働くんですよね。

もちろん多くの講師は真面目で優秀な方なのですが、DMM英会話より明らかにハズレの割合が多いので、値段相応のサービスだと感じました。

DMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/

自宅勤務の講師は通信状況が悪い

ただ自宅勤務の講師もいるのですが、筆者が受講した限りだと通信状況はあまりよくなかったです。

中にはまともにレッスンすらできない講師もおり、口コミでその点に文句を言っているユーザーもいました。

そのため、受講するならなるべくオフィス勤務の講師を選んだ方が良いでしょう。

講師はフィリピン人のみ

kiminiの講師はフィリピン人しかいないため、ネイティブの英語に触れることができません。

また、国によってそれぞれの英語に独特の訛りやアクセントがあるのですが、kiminiではフィリピン人の英語にしか触れられないので、いざ旅行や仕事でアメリカやイギリスの英語を聞いても聞き取れない、伝わらない事態が起きます。

そのため、可能であれば多国籍の講師がいるオンライン英会話を利用した方が、学ぶ英語の実用度はかなり高くなります。
 
また、kiminiと同価帯でも、多国籍講師を揃えるスクールは他にもある点も大きなデメリットです。

各スクールの講師の国籍数

スクール名 講師の国籍数
DMM英会話 解説中! 110カ国
ネイティブキャンプ 解説中! 80カ国
VIPABC 80カ国
ベストティーチャー 50カ国
EF イングリッシュライブ 数カ国
Kimini 1カ国
Hanaso 解説中! 1カ国
レアジョブ英会話 解説中! 1カ国
QQ English 解説中! 1カ国
イングリッシュベル 1カ国
Bizmates 1カ国
ジオスオンライン 1カ国

もちろん、フィリピン人講師の英語力は高く、特にkiminiの講師陣の質は高いと感じることは多いです。

しかし、学べる英語の多様性に欠けることは明らかなので、フィリピン人以外の講師のレッスンを受けたい場合は、DMM英会話などの多国籍講師のいるサービスの検討が必須です。

講師数の数がかなり少ない

各スクールの講師数

スクール名 講師数
VIPABC 20,000人
DMM英会話 11,000人
ネイティブキャンプ 6,000人
レアジョブ英会話 4,000人
QQ English 1,200人
ベストティーチャー 550人
Hanaso 450人
Kimini 300人
イングリッシュベル 100人
ジオスオンライン 100人

スクールの規模自体が違うので仕方がないですが、kiminiの講師数はかなり少なめです。

これは、そもそもkimini英会話の利用者が大手のオンライン英会話よりかなり少ないため、雇っている講師の数も少なくなっている、という背景があります。

そのため、口コミにもありましたが時間帯によっては講師が少なすぎて、予約がまともに取れないという事態が起きます。

DMM英会話であれば常時数百~数千人の講師がオンラインなので、予約を取れないということはまずありません。

時間帯によっては問題なく予約できる

kiminiの講師予約一覧

とはいえ、11時30分時点の予約可能講師の一覧をみてみると、このようにそれなりの数の講師が予約可能になっています。

時間帯にもよりますが、講師の母数が少ないものの普通に予約ができるときもあります。

生徒からの評価が表示されない

 

kiminiは講師の評価が分かるので、低評価であったりやばい口コミがついている講師を回避することで、ハズレ講師を引かずに済みます。

例えば以下はDMM英会話の画像なのですが、一般的なオンライン英会話スクールではこのように他の生徒からの評価が丸見えになっていることが多いです。

DMM英会話ネイティブ講師一覧

一方でkiminiにはそうしたシステムがないため、受講前に他の生徒からの評判を知ることができません。

オンライン英会話では講師の質はかなり重要で、講師が無能だったりこちらより知識がない場合、レッスンが丸々無駄になってしまいます。

お金も無駄になるので個人的にハズレ講師の存在はストレスでしかないのですが、kimini英会話は事前に講師の質を見極めることが極めて困難です。

一応各講師のプロフィールページに紹介動画が100%掲載されているので、それを元に講師がどんな雰囲気なのかをあらかじめ知ることはできます。

とはいえ、動画だけならいくらでも取り繕いようがあるので、講師の評価が見れないのは個人的にkimini英会話のデメリットの中でもかなり大きいです。

DMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/

自動に有料プランに移行してしまう

kiminiは本プランを開始する前に無料で10日間の無料体験ができます。

これ自体はかなり良心的なのですが、10日間が過ぎると自動的に有料プランに移行してしまうのです。

 

ほとんどのオンライン英会話では体験レッスン後も自動移行にされることはないので、ちょっとたちが悪いと思いました。

もし無料体験をするなら、前日に解約をすることを忘れないようにしましょう。

初心者が実際に体験して分かったkiminiの料金を紹介

kiminiについてもっと詳しく

kiminiの料金は、オンライン英会話の中でも格安に分類されます。

kimini(通常プラン)の料金表

月額料金
(レッスン単価)
スタンダードプラン
[毎日1レッスン]
ダブルプラン
[毎日2レッスン]
プレミアムプラン
[毎日3レッスン]
6,028円
(200.9円)
10,428円
(173.8円)
15,480円
(172円)

参考までに大手のDMM英会話は6,480円、レアジョブ英会話6,380円なので、kimini英会話はおよそ300円ほど安い計算になります。

講師の質、人数に不満がありますが値段を重視する方ならkimini英会話を選ぶのも一つの選択肢でしょう。

ただ、前述したように300円ほどの差であれば、個人的にはkiminiより圧倒的に講師や教材の質が高く、運営のサポートも充実しているDMM英会話、レアジョブ英会話などを選んだ方がいいです。

300円の差でレッスンの質が下がり、学習効率に大きく差が出るなら結局コスパは良くないです。

DMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/

kimini(ライトプラン)の料金表

月額料金
(レッスン単価)
ライトプラン
[平日の9時〜18時毎日1回]
3,980円
(161円)

ライトプランは平日の9時~18時限定なのでサラリーマンとして働いている人にはかなり厳しいプランとなっています。

専業主婦や在宅で仕事をしている方であれば、かなりお得にオンライン英会話を行うことが可能です。

初心者が実際に体験して分かったkiminiの講師について

hanasoのフィリピン人講師

kiminiの講師は100%フィリピン人です。フィリピン人は南国の国民性も影響し、温和で寛容な方が多いので初心者にとっては有り難いです。

ただ他にもフィリピン人を採用しているオンライン英会話は「レアジョブ英会話」など多数あり、残念ながら講師の質は他のフィリピン人講師のいるオンライン英会話より劣っています。

当然ですが、頭がよく教え方も上手い質の高い講師は給料が高いor条件の良いオンライン英会話サービスで働きます。

kiminiは月額が安い=支払う給料が安い以上、講師の質で劣るのは仕方のない部分もあるでしょう。

そのため、kiminiを利用するかどうかの分岐点は、月額300円の差額を重視するか、講師の質(英語学習の効率)を重視するかになるでしょう。

kiminiの初心者向け解説:まとめ

kiminiロゴ

今回は、オンライン英会話「kimini」を実際に初心者が受講して解説しました。

kiminiは料金は安いものの、総合的に見ればあまりオススメすることはできません。

講師や運営のサポートが微妙だと、値段が安くても結局肝心の英語力を伸ばすことができないからです。

値段が安くても英会話ができるようにならないのであれば意味がないため、筆者としてはDMM英会話やレアジョブ英会話の利用をおすすめします。

どちらも無料で体験レッスンを受けることができるので、まずは登録だけしてみても損はありません。

DMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/

レアジョブ英会話:https://www.rarejob.com/