観光・接客業で役立つ英語の勉強法やおすすめ英会話サービスランキング

観光業やホテルなどで接客業をしている方で英語を話す機会がある、もしくは話す可能性がある場合は英会話スキルがあると非常に役立ちます。

英語ができなくても業務に支障がなければ「いまさら勉強するのは面倒」と思うかもしれません。

しかし、観光業や接客業は外国人に対応しなくてはいけない場面が多いので、英語が話せれば仕事の幅も広がりますし、キャリアアップや年収アップという面でも有利になります。

そこで今回は観光・接客業で英語を学ぶメリットや効率のよい英語学習方法、おすすめのオンライン英会話などを紹介するので参考にしてください。

観光・接客業で役立つ英語の勉強方法

英語は毎日少しでもいいので継続して勉強することが身につけるポイントになります。

しかし、観光や接客の仕事は勤務時間や休日が固定シフトになっていないことが多いので、英会話スクールに通うのも難しいですし、独学で勉強するとしても時間のやりくりが大変かもしれません。

とはいえ、勉強をしなければ英語力はアップしないので、ここでは無理せず続けられる勉強法をご紹介します。

観光分野に特化した英語の参考書・教材で勉強する

もっとも手軽な勉強法は、観光分野に特化した英語の参考書や教材で勉強することです。

観光分野に特化した参考書であれば、基本的な接客の英語対応はもちろん、観光のシチュエーションに合わせて使える専門的な英語、言い回しなどをダイレクトに学べます。

勉強法は普通の英語の勉強と同じです。単語を暗記したり文法を覚えたりするインプットをした後、英文を読んだり書いたりするアウトプットを繰り返し行い、専門用語やセンテンスを身につけていきましょう。

SNSでネイティブスピーカーをフォローする

SNSは多くの外国人が利用しており、写真や動画で自分の住んでいる街を紹介したり、名物や観光スポットをアップしたりしています。

そのため、ネイティブスピーカーをフォローしておくだけでも手軽にネイティブの文法に触れたり、動画でリスニングのトレーニングが出来ます。

SNSは身近な存在なので勉強感がないので継続しやすく、ちょっとした隙間時間でもネイティブの発音を聞けるので、英語学習が継続しやすいです。

最近は海外のアーティストや俳優もSNSを利用していますから、好きな歌手や俳優のSNSをフォローしておけば、楽しみながらネイティブの正しい発音を聞き取る練習ができるでしょう。

観光業向けのレッスンがあるオンライン英会話を活用する

英語は独学でも習得できますが、実践的な英語を話せるようになるには、やはりプロの力を借りるのが近道です。

そのため、観光業や接客業などビジネス英語のレッスンがあるオンライン英会話を活用しましょう。

DMM英会話:https://eikaiwa.dmm.com/

駅前や住宅街にある英会話スクールでもレッスンは受けられますが、スクールの場合はその場所まで通わなくてはいけませんし、費用も1レッスン5,000円~20,000円とオンライン英会話より20倍以上高いです。

※オンライン英会話は月額で6,000円~7,000円、レッスン単価200円ほどの所が多い。

また、1回のレッスン時間もオンライン英会話は25分で手軽なのに対し、スクールは40分から50分ほどかかるので、スケジュールをやりくりして時間を確保する必要があります。

オンライン英会話はスマホやパソコンでレッスンが受けられますし、スクールよりも格安かつまとまった時間を確保する必要がないので、気軽に英語学習を始められます。

また、オンライン英会話はマンツーマンレッスンが基本なので、自分のレベルに合わせて学習を進められる、質問しやすいなどのメリットもあります。

観光業や接客業向けの教材でレッスンを行うことで、効率よく仕事で役立つ英語を学べるので非常におすすめです。

観光・接客業で役立つ英語を学ぶメリット

まずは、観光・接客業で役立つ英語を学ぶメリットをご紹介します。

外国人のお客さんが来た時に対応できる

英語を話せると、外国人のお客さんが来ても慌てることなくスムーズに対応できます。

訪日外客数は2013年に1,000万人を超え、2019年には3,000万人以上の外国人が日本を訪れている(※)ので、観光業や接客業をしていれば一度は外国人の対応経験があると思います。

※参照:日本政府観光局 年別 訪日外客数, 出国日本人数の推移
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/marketingdata_outbound.pdf

お客さんによっては日本語で話しかけてくれることもありますが、やはり世界共通語である英語で話しかけられることの方が多いです。

その際に落ち着いて対応できればいいのですが、英語力が低かったり外国人の対応に慣れておらず慌ててしまうと、十分な応対が出来ずお客様や他のスタッフに迷惑をかけてしまいます。

そのため、英語が話せるようになることでお客様にも同僚にも迷惑をかけることなく、自分だけで対応を完結できるのでキャリアアップが狙えるだけでなく仕事に対しての自信にも繋がります。

仕事で使える実践的な英会話が身につく

英語を学ぶことで、仕事で使える実践的な英会話を身につけることが出来ます。

学生時代に英語を勉強したことがあるとしても学校で習う英語は日常会話がメインなので、専門用語やビジネス単語が多い観光・接客業の仕事には生かせません。

また、リスニングやスピーキングのトレーニングをしていないと、早口な上に訛りのある外国人に対応できるような英語を話すのは難しいでしょう。

しかしオンライン英会話のビジネス英語コースや接客業向きの教材などを活用して学習をすることで、仕事上で必要となる英単語や文法を習得できます。

また、レッスンは実際に講師と英語で会話をするので、英会話スキルも身につけつつ外国人の英語に慣れることも可能です。

学習を継続していけば、外国人のお客様への対応はもちろん海外企業との直接交渉もできる英語も話せるようになるので、仕事の幅も広がるでしょう。

実務経験プラス英語スキルがあると転職に有利になる

今の職場よりも給与が高かったり高待遇の職場で働きたいという方は、英語スキルがあると有利な転職が出来る可能性が高くなります。

例えば外国人の対応をすることが多い観光業や接客業では、英語が話せると非常に重宝されるので、英語のレベルや資格に応じて特別手当を付けている会社やホテルも多いです。

そのため、今より高待遇で転職がしやすくなるので、接客業や観光業で働き続けるなら英語を勉強しておいて損はありません。

また、接客以外の異業種転職をする場合も、英語の資格や英語で接客を行った実務経験があると非常に有利です。

観光・接客業界において英語が話せるのは非常に良いアピール材料になるので、転職を検討している方は就職活動を始める前に英語スキルをアップさせておくのがベストです。

なお、英会話スキルが高いとより高収入が期待できる業種への転職も狙えますので、将来的に転職を検討している方にもおすすめです。

プライベートの海外旅行でも活用できる

英語が話せるようになると、仕事に役立つというだけでなく、プライベートの海外旅行でも活用できるというメリットがあります。

学習教材販売業者が行なったアンケート でも、「英語を勉強しておけば良かったと強く思った時はいつですか」という質問の答えの第一位は「海外旅行に行った時」となっています。

英語が話せなくても問題はありませんが、英会話が出来れば現地の人ともコミュニケーションが取れますし、団体ツアーに参加しなくても自分で自由に観光地巡りを楽しめます。

英会話スキルを身につけておけば海外旅行はもっと楽しくなるはずですから、特に海外旅行が趣味という方は英語をマスターしておくといいでしょう。

観光・接客業で役立つ英語が学べるオンライン英会話ランキング

英語学習法の中でも、ライフスタイルに合わせて効率よく勉強ができるオンライン英会話は、マンツーマンレッスンが格安で受講できる、英会話の量を確保できるなどさまざまなメリットがあります。

ただ、いざオンライン英会話に入会しようと思っても、スクールの数が多すぎて決められないという方が多いです。

どこにすればいいか迷ってしまうという場合は、おすすめのオンライン英会話をご紹介するので、無料体験レッスンを受けてみて、自分に合ったスクールを見つけてください。

1位:観光・接客業経験のある講師も多いDMM英会話

観光業_接客業_英語_DMM英会話

DMM英会話は132ヵ国の講師が在籍しており、質の高い講師が多いことから短時間でも着実に英語力を身につけられるオンライン英会話です。

10,000人以上の講師がいるのですが、セブ島やハワイといった観光地に在住しており観光や接客業の経験がある講師も多いので、教材やフリートークで観光英語を学ぶことも可能です。

また、接客業向きの「Travel & Culture 旅行と文化」という教材もあるので、仕事で役立つ英語も勉強できます。

UNITはフライトや空港、観光やホテル、緊急事態など細かく分けられていますし、言い回しもシンプルかつ短いものが多いので初心者の方でも覚えやすいのが特徴です。

DMM英会話では2回まで無料体験レッスンが受けられるので、気になる方は無料体験を受けてみることをおすすめします。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

2位:ビジネス英語が得意な講師も多いレアジョブ英会話

観光業_接客業_英語_レアジョブ英会話

レアジョブ英会話はマンツーマンレッスン料金が1回142円~(税込)というリーズナブルな価格で受けられるのが特徴です。

ビジネス英会話コースがあるのでビジネス英語を得意とする講師が多く、接客業の現場で活用できる英語を的確に身につけることができます。

ビジネス英会話コースの講師は指導力やコミュニケーションスキルが高く、厳しい品質基準をクリアした「ビジネス認定講師」のみが採用されるので、英語レベルに合わせて的確なレッスンが受けられます。

教材は第二言語習得理論研究で提唱されているPPCPという学習モデルを採用しており、「Presentation(提示)」「Comprehension(理解)」「Practice(練習)」「Production(産出)」の4つの流れで言語習得に必要な認知プロセスを促進できるので、英語初心者の方でも効率よく英語を習得できます。

優秀な講師と理論に基づいた学習方法のレッスンが受けられるレアジョブ英会話は、接客や企業対応で「本当に使える英語」を身につけたいという方におすすめです。

公式サイト:https://www.rarejob.com/

3位:英語の基礎から学べるQQEnglish

観光業_接客業_英語_QQイングリッシュ

QQEnglishは、通常の学習方法より4倍速で英語が話せるようになる「カランメソッド」の正式認定校です。

そのため、スピーディーに現場で使えるレベルの英語力を身につけることが可能です。

仕事に役立つビジネス英語や観光英語を身につけるには、まず英語の基礎をしっかりマスターする必要があります。

QQEnglishにはビジネスイングリッシュや旅行中に役立つフレーズ、旅行先で会話するための英語表現などを学ぶカリキュラムがある他、基本的な英会話力を身につけたり、高校卒業までの文法を習得するなど英語の基礎を学べるカリキュラムも用意されています。

そのため、土台をしっかり整えてからビジネス英語や旅行英語を学べるので、英語初心者の方や英語に自信がないという方でも正しいステップで英語を習得できるのです。

レッスンには、身近なテーマで教師とディスカッションするトピックカンバセーションや日常英会話コースなどもあるので、スピーキングのトレーニングをしたい方にもおすすめできるオンライン英会話です。

公式サイト:https://www.qqeng.com/qqkids/

4位:旅行・観光業界英語レッスンが受けられるEF English Live

本格的な旅行・観光英語レッスンを受けられるのが、EF English Liveの旅行・観光業界の英語コースです。

このコースはハイレベルな英語力と会話能力が必要な観光・旅行業界英語に対応できるよう、ただ専門用語を学ぶだけでなく、最適な旅行プランの提案やクレームに対するカスタマー対応など、実践的なフレーズを身につけられるレッスン内容となっています。

ネイティブ講師やグループレッスンでのトークやビジネス文書作成、ビジネス英語に特化したオンライン教材などを使い「読む・書く・聞く・話す」の4技能もバランスよく鍛えられるので、基礎から英語スキルを習得していきたいという方にもおすすめです。

EF English Liveでは、申し込みをしてから7日目まで無料でレッスンが受けられるので、カリキュラムの内容に興味がある方は一度無料体験レッスンを受けてみるといいでしょう。

5位:仕事で使えるハイレベルな英語が学べるTORAIZ

 

1年で1,0観光業_接客業_英語_TORAIZ00時間の英語学習を行う英語学習プログラムにより、確実に「本当に英語が話せるようになる」を実現してくれるのが、英語コーチングスクールのTORAIZです。

TORAIZでは、第二言語習得論から得たナレッジを基に学習プログラムが設計しているので、無駄なく目的とする英語力を身につけることができます。

観光英語やビジネス英語の習得に役立つTOEIC対策プログラムは2カ月集中コースとなっているので、仕事で忙しい方でも短期集中で英語力アップとスコアアップを目指せます。

TORAIZは専属のコンサルタントとコーチがダブルでサポートしてくれますし、目標とする英語力や進捗に合ったプログラムを提供してくれるので、ハイレベルな英語をマスターしたいという方におすすめです。

公式サイト:https://toraiz.jp/lp/online/

観光・接客業におすすめオンライン英会話のサービス内容を比較!

オンライン英会話を選ぶ場合、気になるスクールすべての無料体験レッスンを受けるのがベストですが、忙しい方やすぐに始めたい方だと体験レッスンを受ける時間がもったいないとおもうかもしれません。

ここでは、おすすめオンライン英会話の料金やレッスン時間などサービス内容をご紹介するので、内容をしっかり比較して無理せず続けられそうなスクールを絞り込んでみると良いでしょう。

オンライン英会話の料金を比較
スクール名 月額料金 1レッスンの時間 1レッスンの料金
DMM英会話 スタンダードプラン
6,480円(税込)/月
プラスネイティブプラン
15,800円(税込)/月
25分 スタンダードプラン 209円
プラスネイティブプラン 510円
レアジョブ英会話 ビジネス英会話コース
10,780円(税込)/月
25分 348円
QQEnglish 月8回コース
4,053円(税込)/月
月16回コース
7,348円(税込)/月
25分~ 月8回コース 506円
月16回コース 459円
EFEnglish 8,910円(税込)/月
※コース料金は均一
マンツーマンレッスン
20分
グループレッスン
45分
234円
※マンツーマンレッスン8回
グループレッスン30回
トライズ(TORAIZ)
※①
TOEIC®対策プログラム
10,600円~(税込)/月
437,580円(税込)/一括払い
プライベートレッスン
25分
フリートークグループレッスン
50分
-(プライベートレッスン8回)

※①トライズ(TORAIZ)はコーチング式英会話スクールなので、2ヵ月の短期学習でコース料金が決まっていますが、プライベートレッスンは計16回、オンラインフリートークグループレッスンは毎営業日受講できます。

英会話スクールのサービス内容を比較
スクール名 レッスン受付時間 在籍講師の国籍 無料体験レッスン
DMM英会話 24時間 アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパなど 2回
レアジョブ英会話 毎日朝6時~深夜1時まで フィリピン 2回
QQEnglish 24時間 フィリピン 2回
EFEnglish 24時間受付 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア
ニュージーランド、南アフリカなど
マンツーマンレッスン1回
グループレッスン3回
トライズ(TORAIZ) 早朝から深夜まで
(スクールによって異なる)
アメリカ・イギリスなど 無料カウンセリングのみ

観光・接客業で役立つ英語の勉強法まとめ

英語ができなくても観光・接客業で働くことはできますが、英語が話せる方の需要は今後も増えていくことが考えられます。

また、英会話スキルを持っていると特別手当を付ける会社も増えていますし、より好条件での転職も可能になる、簡単にキャリアアップができるなど接客業で英語が話せるメリットは色々とあります。

仕事をしながら学習するのは大変かもしれませんが、英語を習得すればその努力は必ず報われますので、ぜひ今回紹介した勉強法を実践してみて下さい。

特におすすめのオンライン英会話は、格安で好きなときに好きな場所でレッスンが受けられるので、仕事と勉強を両立する負担も大幅に軽減できます。

積極的に活用して観光・接客業に生かせる英語を身につけましょう。

DMM英会話:初回2レッスンが無料で体験できる!