日本人同士で英会話するのは無駄!理由や学習効果を紹介

日本人同士で英語、話してない?

英語の学習をする際、最初は日本人同士で英会話をした方が良いと言っている記事がありますが、TOEIC970点を取得した筆者からすれば無駄です。

当記事ではなぜ日本人同士で英会話の練習をするのは無意味なのか、その理由や、効率よく英語を習得したい方向けの学習方法をご紹介します。

この記事を読むと分かること

日本人同士で英会話をするのが無駄な理由

英会話は実際に外国人と練習するべき

オンライン英会話が英語学習に最適な理由

日本人同士で英会話するのが無駄で無意味な理由

正しい英語のアクセントを習得できないから

英語学習者の内0.5%しかいない、ごく一握りの本当の意味でネイティブレベルの英語力を持つ日本人が相手であれば、英語の練習をする意味があります。

しかし、日本語と英語のアクセントは異なるので、肌の色以外にネイティブと一切の差がない英語を話せる日本人以外と英会話をしても、肝心の正しいアクセントを習得できません。

また、日本語と英語では読み方のリズムが異なります。

たとえばマップはカタカナで読むと「マッ」と「プ」にアクセントを置くので2音節になりますが、英語(map)では「マッ」にアクセントを置く1音節になり、「プ」は空気を抜くように発音します。

トンネルは「ト」と「ネ」にアクセントを置きますし、ホットドッグであれば「ホッ」と「ドッ」にアクセントを置いて発音しなければ通じません。

並の英語力の日本人同士ではこの細かいアクセントの違いを知らない、気づけないことが多いため、自分が間違っていても相手が間違っていてもそれを指摘できないのです。

日本人同士であればアクセントが違っていても意味は通じますが、海外では正しいアクセントでなければ通じなかったり聞き間違えられるので、どれだけ日本人との英会話量を確保しても「実際に通じる英会話」を話せるようにはなりません。

分かりやすい英語しか話せないから

日本人同士で英会話をする場合、会話を成立させるため相手にも自分にも分かりやすい英語でしか話さないので、英会話スキルをアップするのはほぼ不可能です。

たとえば、掃除に関するトピックで会話をした場合、「I have to clean my room.(私は部屋の掃除をしなければならない。)」というフレーズを使うことはあっても、「I have to organize my room.(私は部屋を整頓しなければならない)」というフレーズを使う人は少ないでしょう。

英会話初心者にとって「organize(整理整頓する)」という英単語はスタンダードではないので「clean」しか使わないことが多いです。

掃除に関する英単語は他にも「put away(片付ける・収納する)」や「vaccuum(掃除機をかける)」「sweep(掃く)」などがありますが、日本人同士の会話ではどうしても使用する英単語のバリエーションが限られてしまいます。

使用する英単語に限りがあると、1つのトピックに関する会話を続けることが難しく、ほとんどディスカッションにならないため英語の練習にもならないのです。

英会話のスピードが遅すぎるから

英語をマスターしていない日本人が話す英会話は、ネイティブスピーカーと比較すると明らかに遅いので、日本人同士で会話をしても外国人と自然に会話のキャッチボールができるスピードは身に付きません。

スピーキングやリーディングの速度は「wpm」という指標が使われますが、これは1分間に話す(書く・読む)英単語の数を基に速さを表わしています。

ネイティブスピーカーの日常会話の平均的なスピーキング速度は160~200wpm、ニュースは180~190wpmです。一方、日本人の平均的なスピーキング速度は120wpm、あまり得意ではない人や初心者だと100wpmと言われています。

もちろん人によって違いはありますが、ある程度英会話ができる日本人でも、ネイティブスピーカーより40~80wpmもスピーキング速度が遅いのです。

日本人は英語を脳で日本語に訳して意味を捉え、返事をするときは日本語で1度文章を考えてから英語に訳して伝える…という工程で話すのが一般的なので、どうしてもネイティブよりwpmが遅くなってしまいます。

しかし、ネイティブスピーカーの速度に追いつくには、英語をダイレクトに捉えて英語で返事をするという「英語脳:を成長させなくてはいけません。

英語脳を育てるには、多くの英単語や文法をインプットすることも大事ですが、ネイティブスピーカーが話す速度の英語を聞き取ったり、それに返事をする練習が必須です。

wpmが遅い日本人同士では英語脳が育たないので、wpmが速い英語を聞き取れるようにはなりませんし、ネイティブと普通に会話ができるようなスキルは身につかないのです。

日本人同士で英会話をするよりもオンライン英会話がおすすめ

正しい英語が格安で身につくから

英会話初心者や英語に自信がない場合、日本人同士で英会話をした方が気楽かもしれませんが、英語に自信のない方こそオンライン英会話がおすすめです。

というのも、いくら日本人同士で猛練習をしようが、外国人に通じる正しい英語を習得できなければ意味がないからです。

とはいえ、英語が話せないのに駅前の英会話スクールで、月額5~7万円という高額な費用を払って、外国人講師にレッスンを受けるというのも抵抗がある方も多いでしょう。

通学型英会話スクール料金表

しかしオンライン英会話は月額6,000~7,000円ほどで、マンツーマンで外国人講師と毎日1レッスンができます。

1日辺り200円という格安で正しい英語を身につけることが可能ですので、コスパでは右に出るサービスはありません。

参考:DMM英会話 https://eikaiwa.dmm.com/

マンツーマンで英会話の練習ができるから

いいねする女性

オンライン英会話はマンツーマンレッスンが基本なので、自分の英語力や発音を気にすることなく英会話の練習ができるので初心者にも最適です。

駅前の英会話スクールの場合はグループレッスンが基本なので、英語に自信がない方は周囲の目が気になって発言するのもためらってしまいます。

また、自分から積極的に参加をしないと講師と会話ができないまま、ただ聞くだけでレッスンが終わることもあるので英会話の練習になりません。

一方マンツーマンであれば英語が下手でも他の生徒に遠慮する必要がありませんし、積極的に発言をしなくてもマンツーマンなので自動的に講師と英会話で話すことができます。

また、グループレッスンはカリキュラムに沿ってレッスンが進んでいきますが、マンツーマンは自分の英語レベルや学びたい内容にレッスンを合わせてもらえるので着実に英語力を身につけられます。

オンライン英会話の講師にはいろいろな国の人がいますが、おすすめは言わずもがな英語ネイティブ国の講師と、フィリピン人の講師です。

実はフィリピン人は日本人と同じく第二言語として英語を修得しているのですが、その英語力はネイティブ並で、それでいて明るくフレンドリーな人が多いので、楽しくレッスンが受けられるのでおすすめです。

英会話量を確保できるから

マンツーマンレッスンは講師と自分しかいないので、講師一人に対して数人の生徒がいるグループレッスンよりも確実に英会話量を確保できます。

慣れるまでは英語を聞き取ることも難しいかもしれませんし、自分から英語で話しかけることも出来ないかもしれませんが、講師は教材に沿ってレッスンをきちんと進めてくれます。

仮に簡単な英語しかしゃべれなくても、レッスンを毎日受講していればその分英会話量を確保できますし、間違った発音やアクセントは都度講師が指摘してくれるので発音スキルも確実にアップしていきます。

正しい発音の英語を身につけられるのは、日本人同士で英会話をすることでは得られないメリットです。

自分の都合に合わせてレッスンが受けられるから

オンライン英会話のレッスン時間は早朝から深夜、スクールによっては24時間というところもあるので自分の都合に合わせてレッスンが受けられます。

日本人同士で英会話をする場合、どちらかが相手に都合に合わせなくてはいけません。お互いに仕事をしているのであれば、平日はなかなか時間を取れないこともあるでしょう。

英会話を習得するには、短い時間であっても毎日英語を話すことが上達のポイントなので、オンライン英会話のように自分の都合に合わせていつでもレッスンが受けられるのは、英会話習得の近道とも言えます。

レッスン予約はレッスン開始の5分前まで受付けているスクールもあるので、突然時間が空いたというときでもレッスンが受けられます。

自分がレッスンを受講したい時間にいつでも英語学習ができるのは、指定の時間にスクール行く必要のある英会話スクールにはない魅力です。

おすすめのオンライン英会話は国内最大手の「DMM英会話」

英会話_日本人同士_DMM英会話

DMM英会話のサービス内容
レッスン受付時間 24時間(365日)
レッスン時間 25分~
レッスン回数 1日1レッスン~
教材 無料
講師の国籍 アメリカ、イギリス、カナダ、アジア、ヨーロッパなど
講師の数 10,000人以上
スタンダードプラン料金 6,480円(税込)~
プラスネイティブプラン料金 15,800円(税込)~

本気で英語を習得したいという方におすすめなのが、国内最大手のDMM英会話です。

毎日1回のマンツーマンレッスンを月額6,480円(1回209円)で受講できる上、レッスンは24時間365日いつでも開始時間の15分前まで受付けているのが特徴です。

レッスンのキャンセルも開始30分前まで可能なので、突然のスケジュール変更にも柔軟に対応してくれます。

スタンダードプランなら125ヵ国、プラスネイティブプランなら132ヵ国以上の講師から選べるので、自分が行きたい国や好きな国の講師から英語を学べるのも魅力です。

DMM英会話主婦向けテキスト

また、DMM英会話のレッスン教材は10,000以上あり、書店に流通している教材も含めすべて無料で使えるので、簡単に月額の元を取りつつビジネス英語や発音など目的に合ったスキルを伸ばすことができます。

最初は無料体験レッスンを2回受けられるので、少しでも興味がある方はDMM英会話のハイクオリティなレッスンを体感してください。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

英語学習はプロの手を借りるのが正解!

海の前に座る女性

日本人はとても真面目なので、完ぺきで正しい英語を話さなくてはいけないと思っている方も多いかもしれません。

確かに、正しい英語を話すことは大切ですが、だからといって「完ぺきに話せるようになるまで日本人同士で練習する」というのはNGです。

英語が母国語ではない日本人と練習してもまったく上達しませんし、通じる英語を話せるようにもなりません。

オンライン英会話であれば、プロの講師にアクセントや発音をチェックしてもらえるので、正しい英語を話せるようになります。

新しく覚えた単語やフレーズを使って会話したり、ネイティブならではのボキャブラリーを教えてもらったり、レッスンを受ける度に英語力をアップできるのがオンライン英会話の魅力でもあるので、ぜひプロの手を借りて着実に英会話スキルをアップさせましょう。