オンライン英会話 2021/11/5

DMM英会話とネイティブキャンプの違いを徹底比較!どちらがおすすめ?

DMM英会話とネイティブキャンプの違いを徹底比較!どちらがおすすめ?
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話の比較サイトなどで、必ずと言っていいほどおすすめされているのがDMM英会話とネイティブキャンプです。

オンライン英会話の中では最大手の部類に入るDMM英会話とネイティブキャンプは、世界各国の講師のレッスンが受けられるなどの共通点はありますが、サービス内容には大きな違いがあります。

そこで2社の細かな違いを紹介するので、どちらに入会しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

DMM英会話とネイティブキャンプの違い

講師の国籍数が違う

DMM英会話とネイティブキャンプの国籍数の違い

DMM英会話とネイティブキャンプでは、講師の国籍数に違いがあります。

DMM英会話は132ヵ国、ネイティブキャンプは120ヵ国なので(※)、ネイティブキャンプの方が若干少なくなります。

(※2021年11月時点の国籍数)

ただし、数では負けているとしても、120ヵ国以上であれば問題なく多様性のあるレッスンを受講できるので、DMM英会話に劣っているというわけではありません。

オンライン英会話では講師の国籍数で他社との差別化をしているところも多いのですが、その中でも両スクールの国籍数は数は違うもののトップレベルの多さとなっています。

英語学習アプリの有無

DMM英会話には英語学習アプリがありますが、ネイティブキャンプにはありません。

DMM英会話の有料会員になると、「iKnow!」という英語学習アプリを無料で利用できます。

「iKnow!」は、ユーザーが学習した情報を蓄積することで、ユーザーの記憶の低下などをチェックして、最適な学習スケジュールを生成する機能が搭載されている優れたアプリです。

200以上の学習コンテンツが入っているので、ちょっとしたスキマ時間に目的にあった自学自習ができます。

「iKnow!」は通常月額1,510円の利用料がかかりますが、DMM英会話の有料会員は無料で利用できるのでかなりお得です。

DMM英会話 公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

一方でネイティブキャンプのアプリは、レッスン専用となっているため自学自習では使えません。

しかし、ネイティブキャンプのレッスンは5分から受講できるため、アプリを使うことでいつでもどこでもレッスンが受けられます。

サポート体制が違う

DMM英会話もネイティブキャンプもチャットによるサポートを行なっているのは同じですが、日本人カウンセラーのサポートには違いがあります。

DMM英会話の場合は、無料体験の時に1回だけ日本人講師のレッスンが受講できます。

このときに自分に合ったカリキュラムや教材などの相談ができるのですが、それ以外はチャットサポートを利用するしかありません。

ネイティブキャンプでは、毎月1回、無料で直接日本人カウンセラーに学習相談ができます。

レッスンに慣れてくればチャットサポートだけでも問題ありませんが、初めてオンライン英会話を利用する方には、無料体験時しか直接サポートをしてもらえないDMM英会話よりネイティブキャンプの方が良いかもしれません。

ネイティブキャンプ 公式サイト:https://nativecamp.net/

DMM英会話とネイティブキャンプの基本情報

DMM英会話の基本情報

DMM英会話 ネイティブキャンプ_おすすめオンライン英会話_DMM英会話

サービス名 DMM英会話
URL https://eikaiwa.dmm.com
運営会社名 株式会社DMM.com
会員数 100万人以上
無料体験レッスン あり (スタンダードプラン25分のレッスンを2回まで受講可能)

動画配信事業などを手掛けるDMM.comが運営するDMM英会話は、設立から8年6カ月で会員数100万人を突破という記録を持つオンライン英会話です。

知名度はオンライン英会話の中でも非常に高く、低価格でありながら高品質なレッスンを提供できることを強みとしています。

有料会員になると、英語学習プログラム「iKnow!」を無料で利用できるので、「iKnow!」とオンラインレッスンによりインプットとアウトプットをバランスよく学習することが可能です。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

ネイティブキャンプの基本情報

DMM英会話 ネイティブキャンプ_おすすめオンライン英会話_ネイティブキャンプ

サービス名 ネイティブキャンプ
URL https://nativecamp.net/
運営会社 株式会社ネイティブキャンプ
会員数 80万人以上
無料体験レッスン 7日間無料

定額でレッスン回数無制限というインパクトのあるシステムを採用したことで、一躍人気オンライン英会話となったのがネイティブキャンプです。

予約不要で、いつでも好きな時にレッスンが受けられる、自分の都合に合わせて5分や10分だけレッスンを受けることも可能など、利用者が受講しやすいサービスを提供しているのが特徴です。

7日間の無料トライアルでもレッスンを好きなだけ受講できるので、自分との相性をしっかり確認してから入会を検討することができます。

公式サイト:https://nativecamp.net/

DMM英会話とネイティブキャンプの講師を比較

DMM英会話とネイティブキャンプの講師を比較
  DMM英会話 ネイティブキャンプ
講師の数 10,000人以上 12,000人以上
講師の国籍数 132ヵ国 120ヵ国
講師の合格率 5% 非公開
日本人講師 在籍 在籍
ネイティブ講師 在籍 在籍

DMM英会話の講師について

DMM英会話 ネイティブキャンプ_おすすめオンライン英会話_DMM英会話の講師

DMM英会話では世界各国で講師の採用を行っていますが、特に力を入れているのがフィリピン人講師の採用です。

DMM英会話は、フィリピンの主要3都市であるマニラ・セブ・ダバオに、日本人とフィリピン人、ネイティブのスタッフを配置したオフィスを構えています。

そこで書類選考から面接までを厳しくチェックし、優れたティーチングスキルや講師という仕事に熱意を持っていることなどの採用基準をクリアしているかを見極めます。

もちろん、フィリピン以外の国の講師も、難関大学の現役大学生や卒業生、豊富な講師経験者などを採用基準としており、さらに80項目に及ぶ最終評価をクリアしなければ講師にはなれません。

採用プロセスが厳しいため、合格率はたった5%となっていますが、だからこそDMM英会話には質の高い講師が揃っているのです。

ネイティブキャンプの講師について

DMM英会話 ネイティブキャンプ_おすすめオンライン英会話_ネイティブキャンプの講師

講師の国籍数はDMM英会話より少ないものの、世界120ヵ国以上のバラエティ豊かな講師による楽しいレッスンを受けられます。

採用基準や合格率は非公開となっているため、DMM英会話との比較はできませんが、講師のレベルは教材バッジで確認できます。

ネイティブキャンプには、SidebySideやカランメソッド、英検二次試験対策などさまざまな教材が揃っており、教材ごとに独自に定められた試験を通過した講師は、教材バッジを保持しています。

自分が受講したいテキストのバッジを持っている講師を選ぶことで、より分かりやすく適切なレッスンを受講することが可能です。

ただ安定した質を求める、という点では合格率5%の厳しい試験を行っているDMM英会話の方が優秀でしょう。

DMM英会話とネイティブキャンプの教材を比較

教材は、学習目的に合ったものがあるのはもちろん、無料で利用できることも重要です。

英語の学習教材は高額なので、購入するとなると費用負担が大きくなるため、教材の数だけではなく無料で使えるというのも比較する際の大事なポイントです。

 
  DMM英会話 ネイティブキャンプ
教材の数 10,765以上 9,000以上
教材費 完全無料 無料 (コースによっては購入が必要)
カランメソッド なし あり (カランメソッド認定校)

DMM英会話の教材

DMM英会話の教材は10,675以上と、オンライン英会話業界内でもトップクラスの数を誇ります。

オリジナル教材はもちろん、世界的ベストセラーや英検対策テキスト、TOEFL対策テキストなど出版社教材も利用できるので、受験生の方にもおすすめです。

学べるトピックの数はレベルによって異なりますが、初心者向けでも25以上あるので、自分の英語レベルや学習目的に応じて自由に使うことができます。

これらの教材はすべて無料で使えるので、日常英会話や旅行英語、ビジネス英語などさまざまなジャンルの英語を、費用を気にせず学べるというのもDMM英会話ならではのメリットです。

ネイティブキャンプの教材

DMM英会話より教材数は劣るものの、それでも9,000以上もの教材が揃っているので、ネイティブキャンプでも十分に学習目的に合った教材を利用できます。

ジャンルも日常英会話や旅行英語、英検やTOEIC対策、ビジネス英会話、ディスカッションなど多岐にわたり、基本的にはどの教材も無料で使えるので、興味のある分野を思う存分学べます。

カランメソッドの教材は購入が必要ですが、通常の4倍の速さで英語を学ぶことができる学習法で、認定を受けたプロの講師しか指導を行なうことが出来ません。

ネイティブキャンプはカランメソッドの認定校なので、1日でも早く英語を習得したいという方は、カランコースの受講を検討してもいいでしょう。

DMM英会話とネイティブキャンプの年会費を比較

英語学習は、1ヵ月2ヵ月で修了するというものではありません。

英語レベルにもよりますが、一般的には年単位で学習目的を習得していくので、無理のない範囲で払えるか、月額の料金と併せて年会費も確認しておきましょう。

DMM英会話とネイティブキャンプの料金比較
項目 DMM英会話 ネイティブキャンプ
入会金 無料 無料
レッスン年会費 77,760円~ (※1日1レッスンプラン 12ヵ月分) 77,760円
1ヵ月のレッスン料金 ・スタンダードプラン
1日1レッスン 6,480円
1日2レッスン 10,780円
1日3レッスン 15,180円
・ネイティブプラン
1日1レッスン:15,800円
1日2レッスン:31,200円
1日3レッスン:45,100円
・プレミアムプラン 6,480円
※予約なしレッスンは受け放題だが、予約する場合は有料コインが必要
レッスン単価 ・スタンダードプラン
1日1レッスン:209円
1日2レッスン:174円
1日3レッスン:163円
・ネイティブプラン
1日1レッスン:510円
1日2レッスン:503円
1日3レッスン:485円
1日1レッスン:209円
1日2レッスン:104円
1日3レッスン:69円

※料金は全て税込み

DMM英会話の年会費

DMM英会話には、ネイティブと日本人講師以外のレッスンが受けられるスタンダードプランと、ネイティブを含むすべての講師のレッスンが受けられるネイティブプランの2種類があります。

年会費はレッスンのプランと1日に受講できる回数によって変わりますが、もっとも安いプランで77,760円(税込)となります。

ただ実際には年会費でなく月額で支払うことになるので、毎月6,480円~ほどの費用がかかります。

なお、ネイティブキャンプと違いDMM英会話は月額料金以外の費用は一切かからないので、予算に限りがある方も安心して受講することが可能です。

ネイティブキャンプの年会費

ネイティブキャンプのプランはプレミアムプランもしくはファミリープランの2種類になりますが、基本的にプレミアムプラン12ヵ月分の77,760円(税込)が年会費となります。

ただレッスン回数無制限なので、1日に何回受講しても追加費用がかかることはありません。

そのため、毎日2回以上のレッスンを受ける方がであれば、DMM英会話よりもかなりコスパが良いでしょう。

ただ、カランメソッドの教材は購入が必要となる他、講師を予約してレッスンを受講する場合も別途コインを購入しなければならなります。

便利に使おうとすると、DMM英会話と違い追加費用が必要になることもあるのがネックでしょう。

DMM英会話とネイティブキャンプのレッスン対応時間を比較

レッスンの対応時間は、英語学習の継続に大きく関わってきます。

対応時間がライフスタイルに合っていない場合、レッスンが受けるために時間を合わせたり作らなくてはなりません。

モチベが高い最初は良いのですが、無理があると結果的に学習が続けられなくなるので必ずチェックしておきましょう。

 
  DMM英会話 ネイティブキャンプ
レッスン対応時間 24時間365日 24時間365日
レッスン時間 25分 5分から25分
レッスン予約 無料 有料
1日のレッスン回数 月額に応じて1~3回 無制限

DMM英会話のレッスン対応時間

DMM英会話では、24時間365日いつでもレッスンができる対応時間となっています。

出勤前の早朝やお昼休みの時間はもちろん、仕事が遅く深夜しか受講できない方でも、ライフスタイルに合わせて自由にレッスンを受講できます。

ただし、1回のレッスン時間は25分となっており、ある程度まとまった時間が必要です。

スマホやタブレットでも受講できますが、アルバイトの休憩中や人との待ち合わせ前など、レッスンを中断する可能性があるときは、1回分無駄になってしまうので注意しましょう。

ネイティブキャンプのレッスン対応時間

ネイティブキャンプのレッスン対応時間も、DMM英会話と同じ24時間365日となっています。

ただし、ネイティブキャンプのレッスン時間は5分から25分まで自由に設定できるので、仕事の合間や昼休みといったちょっとした時間を使って英語学習を進められます。

また、レッスン回数は無制限なので、レッスンを中断しても同じ日に何回でも受けることが可能です。

そのため、対応時間の面ではDMM英会話よりもネイティブキャンプの方が優秀と言えるでしょう。

DMM英会話とネイティブキャンプの口コミを比較

オンライン英会話を選ぶうえで、とても参考になるのが利用者の口コミです。

ここでは、両社の口コミの比較を紹介するので、迷っている方はぜひ参考にしてください。

DMM英会話の口コミ

DMM英会話の口コミで特徴的なのは、講師への評価が高いことです。

初心者の方でも楽しいレッスンが受けられる、フリートークが盛り上がる、生徒の状況に合わせたレッスンをしてくれるなど、受講する人に合わせたレッスンを提供するというのは講師の質が高い証拠です。

また、DMM英会話では、受講した講師の国籍メダルや英会話時間合計ランクメダルをもらうことができます。

口コミでは、メダルをもらうたびにツイートしている人も多く、メダルによってモチベーションを保っていることが分かります。

ネイティブキャンプの口コミ

ネイティブキャンプでも、DMM英会話と同じく講師についての口コミが多いのですが、「間違いを正し、しっかり教えてくれる」という意見が目立つのが特徴です。

中には「厳しい」という口コミもありますが、それが不満ではなく、「きちんとレッスンしてくれることで成長を実感している」とポジティブな内容となっています。

いずれにしても、講師のレッスン態度や教え方に対するネガティブな口コミはいっさいないので、レッスン品質も講師の質も高いことが分かります。

DMM英会話とネイティブキャンプはどちらがおすすめ?

満足度に関する調査の16項目すべてでNo.1を獲得したDMM英会話と、世界累計利用者数80万人を突破したネイティブキャンプは、結論を言えばどちらもおすすめできるオンライン英会話です。

しかし、それぞれの長所・短所があるのも事実ですので、筆者が実際に両方でレッスンを受けた経験を踏まえ、どんな方にどちらのサービスがおすすめかを紹介していきます。

総合的におすすめできるのはDMM英会話

サービスを総合的に見ておすすめできるのは、DMM英会話です。

講師の国籍数、無料で利用できる教材の豊富さ、24時間365日いつでもレッスン可能などのサービスはネイティブキャンプとほぼ同じですが、一番の決め手は無料で予約ができることです。

ネイティブキャンプの場合、予約をするには別途「100コイン=200円」ほどのコインが必要になります。

「いつでもレッスン」なら何回でも無料なのは強いのですが、気に入った講師が常に無料で利用できるとは限りません。

特にお気に入りの講師が人気の場合、レッスンを受けるにはコインを購入して予約をするか、諦めて毎回違う講師のレッスンを受講するしかありません。

その点、DMM英会話は追加料金不要で予約ができるので、費用を気にすることなく好きな講師のレッスンが受けられます。

毎回いろいろな講師からレッスンを受けたい、という方であれば予約は不要ですが、学習効率という点で見るとスケジュールに合わせて受講しやすいサービスが揃っているDMM英会話をおすすめします。

コスパを重視するならネイティブキャンプ

総合的なおすすめはDMM英会話ですが、ネイティブキャンプのレッスン受け放題はとても魅力があります。

オンライン英会話はアウトプットの機会を増やすためのツールでもあるため、とにかくレッスンの数をこなすことで学習効率を高めることが可能です。

他のオンライン英会話でもレッスン回数は増やせますが、高額な料金がかかるのでレッスンを回数を増やしたくてもなかなか増やせない方も多いでしょう。

ネイティブキャンプは、追加料金不要で何回でもレッスンが受けられるので、コスパやアウトプットを重視する方にはおすすめです。

DMM英会話とネイティブキャンプの違いまとめ

DMM英会話とネイティブキャンプの違いをいろいろと紹介しましたが、大きな違いはレッスン回数とレッスン時間の長さです。

学習効果を得るにはできるだけ多くレッスンを受けることがポイントなので、コスパを重視したい学生や専業主婦の方はレッスン回数無制限で5分から受講できるのネイティブキャンプが良いでしょう。

ネイティブキャンプ 公式サイト:https://nativecamp.net/

しかし、仕事などで忙しくレッスン受け放題のメリットを生かせないのであれば、自分の空いている時間に予約が取れるDMM英会話が良いでしょう。

教材数や講師の質の安定さなど、様々な面でDMM英会話はハイレベルなのでおすすめです。

公式サイト:https://eikaiwa.dmm.com/

迷っている方は、どちらも登録や初回の体験レッスンは無料なので、まずはレッスンを受けてみましょう。

そして自分と相性が良さそうだったり、「レッスンが楽しい」と思えるスクールを選ぶことをおすすめします。